HOME
ごあいさつ

医学系研究科リハビリテーション医学教授 リハビリテーション部部長 芳賀 信彦(はが のぶひこ)リハビリテーション科(部)長から皆様へ ご挨拶させていただきます。医学系研究科リハビリテーション医学教授 リハビリテーション部部長 芳賀 信彦(はが のぶひこ)
東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部のホームページにアクセスして頂きありがとうございます。これまでは東大病院のホームページの中に、主に患者さん向けとしてリハビリテーション科・部の紹介ページがあり、また卒後初期研修医や医学生向けに専門研修プログラムの簡単な紹介がありました。しかし私が2006年7月に東大に赴任して以来、われわれの部門をより広く公開して知っていただくとともに、より多くの方と知り合い、できれば一緒に仕事や活動ができれば、という思いが強くなってきました。この度お陰様で、規模は小さいながらもホームページを公開することができました。

東大病院リハビリテーション科(部)の歴史は1963年(昭和38年)に始まったとされています。7月1日に中央診療部運動療法室が故樫田良精先生を部長として開設されたのです。部門の名称はその後、理学療法部を経て、現在のリハビリテーション部に変わっていきます。故樫田良精先生の後、故佐々木智也先生、故津山直一先生が部長職を務められ、1984年には上田敏先生が初の専任部長に就任されました。以後、加倉井周一先生、江藤文夫先生を経て、現在私が科(部)長を務めさせて頂いております。この間、診療に関わる訓練スタッフも、発足当時の理学療法士1名から他部門からの統合も含めて大幅に増え、現在は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、鍼灸・マッサージ師、臨床心理士、視能訓練士など合わせて30名程度になっています。

 リハビリテーション医療は障害を扱う、という特徴を持った医療の一分野です。これには障害の予防、治療、そして障害と共に生活することも含みます。東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部では、障害を持った方と社会との関わりまでを念頭に置いたリハビリテーション医療を心掛けていきたいと考えています。

 最後にこのホームページが、今まで東京大学のリハビリテーションに関係していた、あるいは今後関わる可能性のある多くの方との橋渡しになれば幸いです。今後ますますわれわれが発展するために、リハビリテーション科・部メールアドレス  宛てにご意見をお寄せいただければ幸いです。但し患者さんやご家族からの医療相談には対応しておりませんのでご了承下さい。受診の手続きに関しては、リンクしている東京大学医学部附属病院のホームページを参照して下さい。
宜しくお願い申し上げます。

このページのトップへ

Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.