HOME
「リハビリテーション医学に関する後ろ向きの疫学研究」へのご協力のお願い

 医療を実施するに際して患者のプライバシー保護は医療者に求められる重要な責務です。一方、医学研究において後ろ向きの疫学的研究及び症例報告は医学・医療の進歩に貢献してきており、国民の健康,福祉の向上に重要な役割を果たしています。
 このために、当科・部を受診した患者さんの過去のデータをまとめ、解析した結果を学術論文や学会に公表する場合がありますので、この件についてご説明させていただきます。
詳細
1)ここにご案内するのは、過去の診療情報を振り返り、解析する「後ろ向き研究」と呼ばれる学術活動で、「リハビリテーション医学に関する後ろ向きの疫学研究」として、東京大学医学部倫理委員会の承認を得て行われます。
 日常の診療で得られた経験を振り返ることは、新しいリハ手法の発見や効果・安全性・経過についての評価のために欠かせないことです。
2)学術論文や学会で公表する場合でも、氏名や患者番号など、個人が特定できる情報は削除され、患者さんの個人情報(プライバシー)は厳重に守られます。
3)診療情報とは、次のようなものをさします。
病歴(症状の変化の記録)や身体所見(診察で分かった体の状態)の他、身体測定・各種画像検査、生体力学的計測、神経生理学的計測、循環機能及び呼吸機能計測、血清学的検査、神経心理学的検査・高次脳機能検査、質問用紙を用いた検査、活動・参加に関する情報です。いずれも、診療上の必要があって行われたものに限定されます。
4)診療情報の解析方法は、大きく次のような方法に分けられます。
疾患の特徴を明らかにするために、該当疾患患者の検査結果をまとめ、他の疾患患者群と比較検討する方法。 訓練効果の評価のために、当該訓練を行った患者の経過および検査結果をまとめ、他の訓練法ないし未訓練の患者群と比較する方法。 医学的意義の高い場合には、少数例の場合でも身体所見、検査所見、訓練効果について詳細を確認し特徴を明らかにすること。
5)調査の対象となるのは、当科において診療したすべての疾患であり、次のような疾患名があげられます。
 脳血管障害など脳疾患、脊髄疾患、骨関節疾患、小児疾患、神経筋疾患、切断、呼吸器疾患、循環器疾患、悪性腫瘍、糖代謝疾患など。
6)上記のように、個人情報は守られ、医学の進歩に欠くことのできない学術活動ですが、患者さんには、ご自身の診療情報が使用されることを拒否する権利があります。研究協力を拒否された場合でも、当科の診療上で治療などで不利益を被ることはありません。
7)ご質問がある場合、あるいは診療情報の使用を拒否される場合には、下記にご連絡をお願いいたします。
 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部
TEL : 03-3815-5411 (内線34265)
FAX : 03-5800-9028
E-Mail :
記載年月日 2010年3月19日  連絡先担当者 前野 崇

このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.