HOME
プライバシー保護ガイドライン

 医療を実施するに際して患者のプライバシー保護は医療者に求められる重要な責務です。一方、医学研究において後ろ向きの疫学的研究及び症例報告は医学・医療の進歩に貢献してきており、国民の健康,福祉の向上に重要な役割を果たしています。医学論文あるいは学会・研究会において発表される研究・報告では、特定の患者の疾患や治療内容に関する情報が記載されることがあります。その際、プライバシー保護に配慮し、患者が特定されないよう留意いたします。  リハビリテーション科・部では、外科関連学会協議会において採択された、症例報告を含む医学論文・学会研究会における学術発表においての患者プライバシー保護に関する指針に基づき、医療に関する情報を取り扱います。
詳細
1) 患者個人の特定可能な氏名、入院番号、イニシャルまたは「呼び名」は記載しない。
2) 患者の住所は記載しない。但し、疾患の発生場所が病態等に関与する場合は区域までに限定して記載することを可とする。(神奈川県、横浜市など)。
3) 日付は、臨床経過を知る上で必要となることが多いので、個人が特定できないと判断される場合は年月までを記載してよい。
4) 他の情報と診療科名を照合することにより患者が特定され得る場合、診療科名は記載しない。
5) 既に他院などで診断・治療を受けている場合、その施設名ならびに所在地を記載しない。但し、救急医療などで搬送元の記載が不可欠の場合はこの限りではない。
6) 顔写真を提示する際には目を隠す。眼疾患の場合は、顔全体が分からないよう眼球のみの拡大写真とする。
7) 症例を特定できる生検、剖検、画像情報に含まれる番号などは削除する。
8) 以上の配慮をしても個人が特定化される可能性のある場合は、発表に関する同意を患者自身(または遺族か代理人、小児では保護者)から得るか、倫理委員会の承認を得る。
9) 遺伝性疾患やヒトゲノム・遺伝子解析を伴う症例報告では「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(文部科学省、厚生労働省及び経済産業省)(平成13年3月29日、平成16年12月28日全部改正、平成17年6月29日一部改正、平成20年12月1日一部改正)による規定を遵守する。
研究に用いる情報は全て連結可能匿名化後、東京大学医学部附属病院内のサーバーまたはPCのいずれかに個人を特定できるデータを分離した形で保管する。各端末には固有のパスワードが設定されており、セキュリティーに留意している。データ管理は主任研究者を責任者として行う。データ・対照表は全て個々の研究が終了した後、破棄する。
リハビリテーション科・部にお掛かりの患者様で、疾患や治療内容に関する情報を当科・部で利用することに同意されない場合は、お電話もしくは電子メールにてご連絡下さい。同意されない場合も今後の診療に不利益を及ぼすことはございません。

このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.