HOME
研究業績(2006年)
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006

リハビリテーション部・科の最近の研究業績をご紹介します。 2006年1〜12月 業績
原著論文・症例報告
Chiba Y, Yamaguchi A, Eto F: Assessment of sensory neglect: a study using moving images. Neuropsychol Rehabil 16: 641-652, 2006
Haga N, Masuda K, Takikawa K: Osteochondral destruction in the hand following bee stings: a case report of an infant. Hand Surg 11(3): 143-145, 2006
Itoh T, Shirahata S, Nakashima E, Maeda K, Haga N, Kitoh H, Kosaki R, Ohashi H, Nishimura G, Ikegawa S: Comprehensive screening of multiple epiphyseal dysplasia mutations in Japanese population. Am J Med Genet Part A 140A: 1280-1284, 2006
Kanamori Y, Tomonaga T, Sugiyama M, Hashizume K, Goishi K, Haga N: Bizarre presentation of epigastric heteropagus: report of a case. Surg Today 36: 914-918, 2006
Kasuya D: Acupuncture for diabetic neuropathy. KAIM 1(2): 13-20, 2006
Saotome T, Sekino M, Eto F, Ueno S: Evaluation of diffusional anisotropy and microscopic structure in skeletal muscles using magnetic resonance. Magnetic Resonance Imaging 24: 19-25, 2006
Takikawa K, Haga N, Maruyama T, Nakatomi A, Kondoh T, Makita Y, Hata A, Kawabata H, Ikegawa S: Spine and rib abnormalities and stature in spondylocostal dysostosis. Spine 31: E192-197, 2006
于 爾康、目良純一郎、飯嶋正広、藤田久美子、江藤文夫: 慢性透析患者における健康関連QOLに関連する要因. 日本老年医学会雑誌43: 383−389, 2006
植月美希、松岡恵子、金吉晴、荒木剛、管心、山末英典、前田恵子、山崎修道、古川俊一、岩波明、加藤進昌、笠井清登: 日本語版National Adult Reading Test(JART)を用いた統合失調症患者の発病前知能推定の検討. 精神医学 48(1): 15-22, 2006
粕谷大智: 伝えたい!心に残るこの症例―腰部脊柱管狭窄症の1症例―. 医道の日本65: 63-65, 2006
粕谷大智: 物理療法(電気刺激)の鎮痛・知覚閾値の変化. 生理学技術研究会誌18(1): 30-32, 2006
管心、山末英典、阿部修、山田晴耕、山崎修道、荒木剛、工藤紀子、植月美希、前田恵子、岩波明、青木茂樹、加藤進昌、笠井清登: 統合失調症における思考障害の脳基盤 下前頭回構造異常の検討. 神経化学 45(2-3): 374-374, 2006
清野絵、笠井清登、工藤紀子、山崎修道、山末英典、福田正人、加藤進昌: 健常成人における内田クレペリン検査成績と人格特性との関連. 精神医学 48(2): 127-133, 2006
芳賀信彦: 小児専門病院における脳性麻痺児療育の現状. 日本小児整形外科学会雑誌 15(2): 230-234, 2006
美根大介: 腱板不全断裂に対する鍼治療の一症例. 全日本鍼灸学会雑誌56: 175-181, 2006
山崎修道、荒川裕美、丹野義彦: 大学生の妄想様観念と対処方略の関係 −逃避型対処方略と計画型対処方略−. パーソナリティ研究 14(3): 254-265, 2006

このページのトップへ
総説・解説
赤羽秀徳: もしかして腰痛?気をつけたことは? 病棟での“自分のリスク管理”. エキスパートナース 22: 140-141, 2006
赤羽秀徳: 日常生活における腰痛の自己管理―腰に優しい姿勢と動作―. 理療 36: 34-39, 2006
浅井久栄: 患者・家族との共有−症状自己管理モジュールを通しての,症状と対処法の共有. 精神科臨床サービス 6 : 233-237, 2006
粕谷大智: 統合医療の中の鍼灸. ライフサイエンス2006(特集): 6-17, 2006
粕谷大智: 慢性疲労症候群の鍼灸治療と他科との連携. 医道の日本 65(1): 120-125, 2006
粕谷大智: 腰椎椎間板ヘルニアに対する鍼灸治療. 現代鍼灸学 6: 31-38, 2006
粕谷大智: 下肢の循環障害 間歇跛行の鑑別と鍼灸治療 特に神経性間欠跛行を中心に. 鍼灸Osaka 22: 43-49. 2006
高橋雅人: 骨関節疾患の治療を目的とした装具使用の実際. 理学療法ジャーナル 40: 831-836, 2006
芳賀信彦: 専門医をめざす症例問題トレーニング「小児整形外科疾患」. 整形外科 57(7): 845-852, 2006
芳賀信彦: Little Peopleと「異常・障害」. 整形外科 57(11), 1450, 2006(誌説)
芳賀信彦: 骨の変形矯正および延長. 小児科診療 69(特集・小児の整形外科疾患): 1287-1293, 2006
芳賀信彦: 骨形成不全症の病態と治療. 日本医事新報 4306: 57-61, 2006
芳賀信彦: 内反足・外反足. 周産期医学 36(特集・周産期の整形外科・形成外科): 1449-1452, 2006
芳賀信彦: 小児股関節痛の画像診断. 日本医事新報(画像診断ライブラリー) 4319: 53-56, 2006
芳賀信彦: 小児膝関節変形の画像診断. 日本医事新報(画像診断ライブラリー) 4323: 53-56, 2006

このページのトップへ
Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.