HOME
研究業績(2011年)
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006

リハビリテーション部・科の最近の研究業績をご紹介します。 2011年1~12月 業績
原著論文・症例報告
Hozumi J, Sumitani M, Yozu A, Tomioka T, Sekiyama H, Miyauchi S, Yamada Y: Oral local anesthesia successfully ameliorated neuropathic pain in an upper limb suggesting pain alleviation through neural plasticity within the central nervous system: A case report. Anesthesiol Res Pract, Epub 2011 May 22
Ishiura H, Fukuda Y, Mitsui J, Nakahara Y, Ahsan B, Takahashi Y, Ichikawa Y, Goto J, Sakai T, Tsuji S.: Posterior column ataxia with retinitis pigmentosa in a Japanese family with a novel mutation in FLVCR1. Neurogenetics 12: 117-21,2011
Koike S, Nishida A, Yamasaki S, Ichihashi K, Maegawa S, Natsubori T, Harima H,Fujita I, Harada M, Okazaki Y: Comprehensive early intervention for parents with first-episode psychosis in Japan(J-CAP): study protocol for a randomized controlled trial. Trials 12: 156, 2011
Mori Y, Susami T, Haga N, Tamura K, Kanno Y, Saijo H, Takato T: Extraction of six molars under general anesthesia in a patient with fibrodysplasia ossificans progressiva (FOP). J Oral Maxillofac Surg 69: 1905-1910, 2011
Ohte S, Shin M, Sasanuma H, Yoneyama K, Akita M, Ikebuchi K, Jimi E, Maruki Y, Matsuoka M, Nanba A, Tomoda H, Okazaki Y, Ohtake A, Oda H, Owan I, Yoda T, Furuya H, Kamizono J, Kitoh H, Nakashima Y, Susami T, Haga N, Komori T, Katagiri T: A novel mutation of ALK2, L196P, found in the most benign case of fibrodysplasia ossificans progressiva activates BMP-specific intracellular signaling equivalent to a typical mutation. R206H. Biochem Biophys Res Commun 407: 213-218, 2011
Ogata N, Shinoda Y, Wettschureck N, Offermanns S, Takeda S, Nakamura K, Segre GV, Chung UI, Kawaguchi H: G alpha(q) signal in osteoblasts is inhibitory to the osteoanabolic action of parathyroid hormone. J Biol Chem 286: 13733-40, 2011
Sumitani M, Yozu A, Tomioka T, Miyauchi S, Yamada Y: Complex regional pain syndrome revived by epileptic seizure then disappeared soon during treatment with regional intravenous nerve blockade: A case report. Anesthesiol Res Pract, Epub 2011 May 3
Taketomi S, Hiraoka H, Nakagawa T, Miyamoto Y, Kuribayashi S, Fukuda A, Takeda H, Fukai A, Hirota J, Nakajima K, Haga N, Nakamura K: Osteochondral autograft for medial femoral condyle chondral lesions in a patient with multiple epiphyseal dysplasia: long-term result. J Orthop Sci, 2011 published online
大竹祐子、天尾理恵、芳賀信彦: 片脚立位の動作分析-前額面に注目して-. 運動療法と物理療法 22(1): 64-70, 2011
粕谷大智、川口毅:慢性腰痛患者の身体所見と心理社会的要因との関連. 心身健康科学7(2): 23-34, 2011
粕谷大智:後遺症を有する末梢性顔面神経麻痺に対する鍼灸治療. 現代鍼灸学11(1): 123-127, 2011
粕谷大智:現代医学に基づく関節リウマチの鍼灸治療. 医道の日本819号: 30-38, 2011

このページのトップへ
総説・解説
小倉洋子、粕谷大智: 月経随伴症状の鍼灸治療. 産科と婦人科78(11): 1369-1375, 2011
粕谷大智: 腰下肢痛に対する鍼灸治療. ペインクリニック32(4): 519-528, 2011
粕谷大智: 鍼灸用語トレンド321-現代鍼灸―. 医道の日本810号: 180-184, 2011
粕谷大智: 末梢性顔面神経麻痺に対する鍼灸治療. 現代鍼灸学11(1): 93-97, 2011
住谷昌彦、四津有人、山田芳嗣: 難治性神経障害性疼痛と幻肢痛. Orthopaedics 24(運動器の痛み その診断と治療): 159-167, 2011
住谷昌彦、宮内哲、四津有人、山田芳嗣: 子どもの痛みを大脳生理から考える. こども医療センター医学誌 40: 23-29, 2011
住谷昌彦、四津有人、山田芳嗣: 神経科学の素朴な疑問 幻肢痛に対する鏡を用いたリハビリテーション(ミラー療法)について教えてください(Q&A). Clinical Neuroscience 29: 122-123, 2011
住谷昌彦、山田芳嗣、宮内哲、四津有人、大竹祐子、張雅素、戸島美智生: 最新学際情報 幻肢痛の脳内メカニズム. 関節外科 30: 108-111, 2011
髙橋雅人: 脚長是正,脚延長後の下肢機能再建と理学療法. PTジャーナル 45(下肢機能再建と理学療法): 1007-1013, 2011
戸島美智生、四津有人、大竹祐子、張雅素、焦爽、芳賀信彦: 二分脊椎患者を対象とした三次元歩行分析. 小児の脳神経 36(5): 456-459, 2011
芳賀信彦: 小児骨関節疾患のリハビリテーション. Jpn J Rehabil Med 48: 46-51, 2011
芳賀信彦: 歩行分析の手法と中高年者の歩行. 医学のあゆみ 236(特集・ロコモティブシンドローム-運動器科学の新時代): 477-481, 2011
芳賀信彦: 小児疾患のリハビリテーション. 日本医師会雑誌 140: 51-54, 2011
芳賀信彦: オーバービュー:ダウン症の現在. J Clin Rehabil 20: 516-520, 2011
芳賀信彦: 小児の骨系統疾患の診断と治療. 総合臨床 60(7): 1619-1621, 2011

このページのトップへ
著書・翻訳
Kaplan FS, Shore EM, Pignolo RJ (eds), Haga N, and The International Clinical Consortium on FOP. The medical management of fibrodysplasia ossificans progressiva: current treatment considerations. Clin Proc Intl Clin Consort FOP 4: 1-100, 2011
伊藤哲司:精神科における作業療法の役割.精神科研修ノート(笠井清登、村井俊哉、三村将、岡本泰昌、大島紀人、編集)、診断と治療社、東京、84-86、2011
粕谷大智:東洋医学的アプローチ. 肘・手の痛み-運動器の痛みプライマリケア(菊地臣一、編集)、南江堂、東京、142-151、2011
芳賀信彦:障害者スポーツ.標準整形外科学、第11版(中村利孝、松野丈夫、井樋栄二、馬場久敏、編集)、医学書院、東京、847-851、2011
芳賀信彦:骨・関節疾患.小児科学、第10版(五十嵐隆、編集)、文光堂、東京、1051-1059、2011
芳賀信彦:整形外科的治療法‐インフォームド・コンセント、保存療法.整形外科学テキスト、第3版(高橋邦泰、芳賀信彦、編集)、南江堂、東京、19-25、2011
芳賀信彦:骨系統疾患.整形外科学テキスト、第3版(高橋邦泰、芳賀信彦、編集)、南江堂、東京、320-324、2011
芳賀信彦:モルキオ症侯群.症侯群ハンドブック(井村裕夫、総編集、福井次矢、辻省次、編集)、中山書店、東京、565、2011
芳賀信彦:鑑別に注意を要する股関節および周辺部の痛み:骨系統疾患.股関節の痛み(菊地臣一、編集)、南江堂、東京、81-85、2011
芳賀信彦:骨系統疾患.リハビリテーションに役立つ骨関節X線像のみかた(白倉賢二、編集)、医歯薬出版、東京、83-88、2011
古川俊一、山崎修道:当事者家族に理解・評価してもらえた治療説明 2部‐1医師の立場から,統合失調症 第2巻,P56-66,医薬ジャーナル社,大阪,2011
古川俊一:米国クライン派入門-自分自身のこころ- Rケイパー著、松木邦裕監修、分担訳(古川)、岩崎学術出版、東京、2011

このページのトップへ
学会・研究会発表
Fujimoto Y, Takikawa K, Matsuoka N, Haga N, Miyoshi K: Relationship between os odontoideum and sagittal atlas diameter with Down syndrome. 8th Combined Congress of Spine and Pediatric Orthopedic Sections, APOA (Asia-Pacific Orthopedic Association), 2011.6.1-4, Gifu
Jiao S, Tsutani K, Haga N: Review of Cochrane review on acupuncture. 6th International Congress on Complementary Medicine Research, 2011.5.7-9, Chengdu
Jiao S, Tsutani K, Haga N: Review of Chinese RCTs included in Cochrane Systematic Reviews on acupuncture. The Fifth Evidence-based-medicine Seminar on Chinese Medicine and Integrated Medicine, 2011.11.11-13, Beijing
Kaneoka A, Yokota K, Fukatsu K, Nito T, Haga N: Oral refeeding after assessment and rehabilitation of dysphagia by nutrition support team. 33rd Congress of Clinical Nutrition and Metabolism, 2011.9.3-6, Gothenburg (Sweden)
Nakashima Y, Haga N, Kitoh H, Kamizono J, Tozawa K, Katagiri T, Susami T, Fukushi J, Iwamoto Y: Deformity of the great toe in fibrodysplasia ossificans progressiva. 8th Combined Congress of Spine and Pediatric Orthopedic Sections, APOA (Asia-Pacific Orthopedic Association), 2011.6.1-4, Gifu
Saotome T, Saotome I, Yanagihara K, Nakahara Y, Haga N, Faux S: Stroke rehabilitation in Japan: experimental report. Stroke 2011: 22nd Annual Scientific Meeting of the Stroke Society of Australasia, 2011.9.13-16, Adelaide (Australia)
Saotome T, Saotome I, Yanagihara K, Nakahara Y, Haga N, Faux S: Stroke rehabilitation in Japan: experimental report. ANZSCoS/AFRM Conference 2011, 2011.9.13-17, Brisbane (Australia)
天尾理恵、横田一彦、三神敬弘、堤麻紀、加賀美幸恵、遠藤美代子、柏公一、平山りえ、西村隆、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: 埋め込み式補助人工心臓装着患者の理学療法~自宅退院に向けての取り組み~. 第46回日本理学療法学術大会, 2011.5.27-29, 宮崎
天尾理恵、大竹祐子、中村耕三、芳賀信彦: ロコモティブシンドローム対象者の動作能力と転倒意識~ロコトレ介入研究初回評価における健常者との比較~. 第36回日本運動療法学会, 2011.6.26, 横浜
天尾理恵、緒方直史、西村隆、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: 埋め込み式補助人工心臓(DuraHeartTM)装着患者のリハビリテーション~術後急性期の介入ポイント~. 第49回日本人工臓器学会大会, 2011.11.25-27, 東京
石橋綾、柴田貴美子、藤枝由美子、山崎修道、古川俊一: 就学支援における精神科デイケアの役割-東大デイホスピタルでの就学支援の実際. 日本作業療法学会, 2011.6.24-25, さいたま
石橋綾、藤枝由美子、清水希美子、山崎修道、柴田貴美子、村上安立、飯田美恵、管心、古川俊一: 精神科デイケアにおけるアウトリーチのおける就学支援の試み~東大デイホスピタルの実践から~. 日本精神障害者リハビリテーション学会, 2011.11.11-13, 京都
岩田和彦、佐藤さやか、古川俊一、安西信雄、伊藤順一郎、後藤雅博、丹羽真一、伊藤憲治、亀田弘之、池淵恵美: コンピュータソフト(COGPACK)を用いた統合失調症に対する認知機能リハビリテーションの有効性に関する多施設共同研究. 精神疾患と認知機能研究会, 2011.11.4, 東京
江口聡、管心、小池進介、高野洋輔、里村嘉弘、岩白訓周、下條千恵、山崎修道、荒木剛、笠井清登: 精神病発症超危険群、初回エピソード精神病群に対する認知機能の縦断的検討. 日本精神保健・予防学会学術集会, 2011.12.3-4, 東京
大竹祐子、天尾理恵、中村耕三、芳賀信彦: 片脚立位の動作解析~中高齢者と若年者の比較~. 第36回日本運動療法学会, 2011.6.26, 横浜
岡田慶太、芳賀信彦、滝川一晴、田中弘志: 先天性下腿偽関節症および先天性下腿弯曲症における装具治療の効果. 第48回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2011.11.2-3, 幕張
小倉洋子、粕谷大智: 着床不全患者の子宮内膜厚の改善がみられた1症例. (社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会, 2011.11.13, 東京
小高美紗子、加賀美幸江、遠藤美代子、宇野光子、柏公一、山口正貴、木下修、西村隆、許俊鋭、小野稔:記銘力・認知力低下を伴った補助人工心臓装着患者に対する安静度拡大への関わり.第17回日本臨床補助人工心臓研究会学術集会,2011.11.25,東京
加賀美幸江、遠藤美代子、朝倉理恵子、甲斐荘裕香、中澤美由紀、宇野光子、柏公一、天尾理恵、木下修、西村隆、許俊鋭、小野稔: 早期退院を目指す植込型補助人工心臓装着患者への退院指導の方法について. 第30回日本心臓移植研究会, 2011.10.14, 鹿児島
粕谷大智: 慢性腰痛患者の身体的、心理社会的要因との関連. 第12回日本心身健康科学会, 2011.2.19, 東京,
粕谷大智: シンポジウム「Pain Management」腰部脊柱管狭窄に対する末梢部神経刺激時の神経根血流の変化. (社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会, 2011.11.13, 東京
小糸康治: 頚椎とその周辺疾患と肩こり. 第34回現代医療鍼灸臨床研究会, 2011.11.3, 東京
後藤美和、竹谷英之、久保田実、横田一彦、高橋雅人、芳賀信彦: 重症血友病Aインヒビター患者の理学療法-歩行獲得にいたった症例報告. 北関東ヘモフィリア研究会, 2011.2.18, 栃木
後藤美和、竹谷英之、新田收: 血友病患者の健康関連QOLに関連する要因. 血友病理学療法研究会, 2011.10.3, 神奈川
後藤美和、竹谷英之、新田収、久保田実、芳賀信彦: 血友病患者に対するホームエクササイズが身体機能とADLに与える影響. 第21回日本保健科学学会学術集会, 2011.10.15, 東京
後藤美和,竹谷英之,新田收,久保田実、芳賀信彦: 血友病患者の関節機能とADL、QOLの関係. 第3回日本理学療法士協会 生活環境支援系理学療法研究部会学術集会, 2011.12.18, 東京
小西優子、加賀美幸江、遠藤美代子、宇野光子、齋藤綾、坂田尚子、山口正貴、西郷友香、小久江伸介、西村隆、許俊鋭、小野稔: 不安を抱えた患者・家族の心移植後の退院支援. 第30回日本心臓移植研究会, 2011.10.14, 鹿児島
坂光徹彦、梅崎成子、高橋雅人、筑田博隆、岡田慶太、芳賀信彦: 後頭骨・胸椎固定術を要した骨系統疾患患者の一症例. 第33回国立大学法人リハビリテーションコメディカル学術大会, 2011.10.8
佐々木詠教、粕谷大智: 仙腸関節障害と診断された症例に対する鍼治療. (社)全日本鍼灸学会関東支部学術集会, 2011.11.13, 東京
佐藤さやか、岩田和彦、古川俊一、安西信雄、伊藤順一郎、後藤雅博、丹羽真一、伊藤憲治、亀田弘之、池淵恵美: 認知機能リハビリテーションとIPS志向の就労支援の組み合わせが統合失調症をもつ人の臨床関連指標および雇用関連指標に与える影響. 精神疾患と認知機能研究会, 2011.11.4, 東京
清水希美子、村上安立、石橋綾、江口聡、飯田美恵、林里織、山崎修道、藤枝由美子、古川俊一: 通過型デイケアにおける統合失調症当事者を対象とした就労準備SSTの実践と効果. SST学術集会, 2011.12.3-4, 長崎
焦爽、緒方直史、中原康雄、張雅素、津谷喜一郎、芳賀信彦: 中国で発表された進行性骨化性線維異形成症の症例報告レビュー. 第23回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2011.12.9, 京都
管 心、小池 進介、高野 洋輔、里村 嘉弘、岩白 訓周、江口 聡、下條 千恵、山崎 修道、荒木 剛、笠井 清登: 統合失調症認知評価尺度を用いた精神病発症前後の検討. 精神疾患と認知機能研究会, 2011.11.4, 東京
関根里恵、西郷友香、田島奈津美、澤田実佳、飯坂真司、門野岳史、東野琢也、小柳礼恵、芳賀信彦、真田弘美、大谷幸子:デジタル画像解析法を用いた褥瘡の肉芽色と栄養状態・摂取栄養量の関連:第2報. 第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011.8.26-27, 福岡
滝川一晴、藤本陽、松岡夏子、芳賀信彦: 二分脊椎に伴う股関節脱臼・亜脱臼に対する組合せ手術の治療成績. 第50回日本小児股関節研究会, 2011.6.24-25, 上諏訪
滝川一晴、矢吹さゆみ、松岡夏子、芳賀信彦:伸縮性髄内釘の著しい角状変形を伴う大腿骨骨折を生じた骨形成不全症の2例. 第23回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2011.12.9, 京都
竹下祐次郎、三好光太、北川知明、三上容司、芳賀信彦、小崎慶介、西村玄: 広範囲脊椎強直を合併した環軸椎骨過形成による脊髄症に対し除圧固定術を行った変容性骨異形成症の1例. 第23回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2011.12.9, 京都
堤麻紀、加賀美幸江、遠藤美代子、天尾理恵、三神敬弘、柏公一、久木基至、絹川弘一郎、西村隆、許俊鋭、小野稔: NP007装着患者の在宅療養・自立への関わり. 第39回人工心臓と補助循環懇話会, 2011.2.18-19, 鳥取
中原康雄、前野崇、野口周一、岡田慶太、緒方直史、芳賀信彦: 4歳時に先天性内反足の手術を行い歩行を獲得した先天性ミオパチーの1例. 第48回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2011.11.2-3, 幕張
野口周一、芳賀信彦、緒方直史、前野崇、中原康雄、岡田慶太: 上腕骨悪性腫瘍手術後のflail shoulderに対し装具を再作成した1例. 第48回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2011.11.2-3, 幕張
芳賀信彦、田中信幸、君塚葵、伊藤順一、田中弘志、四津有人、岡田慶太、滝川一晴: 先天性無痛無汗症における股関節形態と反復性脱臼の治療. 第50回小児股関節研究会, 2011.6.24-25, 上諏訪
芳賀信彦: 骨系統疾患:臨床の現状と基礎研究への期待(シンポジウム:骨系統疾患に焦点をあてた骨代謝研究). 第29回日本骨代謝学会, 2011.7.28-30, 大阪
芳賀信彦、緒方直史、中原康雄、野口周一、四津有人、岡田慶太: 進行性骨化性線維異形成症患者のADLとQOL. 第48回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2011.11.2-3, 幕張
芳賀信彦: 関東地方会におけるリクルートと教育に関する各都県単位の取り組み. 第6回日本リハビリテーション医学会専門医会学術集会, 2011.11.10-11, 神戸
東野琢也、中上豪二朗、門野岳史、小川有貴、飯坂真司、佐々木早苗、小柳礼恵、関根里恵、芳賀信彦、真田弘美: Deep tissue injuryの早期発見のための超音波検査とサーモグラフィ検査の組み合わせの有用性の検討. 第13回日本褥瘡学会学術集会, 2011.8.26-27, 福岡
古川俊一: 米国クライン派入門-ロバート・ケイパーを読む-. 自主シンポジウム 日本心理臨床学会第30回大会, 2011.9.2-4, 福岡
古川俊一: 治療初期の中断例から‐時間延長と転移‐. 日本精神分析学会第57回大会, 2011.11.18-20, 名古屋
松岡夏子、滝川一晴、矢吹さゆみ、芳賀信彦: 脊髄係留症候群における再係留症状としての足部変形と側弯症. 第28回日本二分脊椎研究会, 2011.7.9, 神戸
松岡夏子、滝川一晴、矢吹ひさみ、芳賀信彦:治療に抵抗性であった環軸椎回旋位固定の臨床的特徴. 第22回日本小児整形外科学会学術集会, 2011.12.8-9, 京都
安井健、横田一彦、芳賀信彦、長野宏一朗: リハ病床を持たない特定機能病院の理学療法部門に求められる役割. 第46回日本理学療法学術大会, 2011.5.27-29, 宮崎
矢吹ひさみ、滝川一晴、松岡夏子、芳賀信彦:Ponseti法を用いた先天性内反足治療におけるdynamic supinationに関与する因子の検討. 第22回日本小児整形外科学会学術集会, 2011.12.8-9, 京都
四津有人: ヒトの四つ這いの動的接地力. 第53回日本小児神経学会総会, 2011.5.26-28, 横浜
四津有人: ヒトの四つ這いの動的接地力. 第9回ボイタ医師研究会, 2011.8.27, 大阪

このページのトップへ

Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.