HOME
研究業績(2013年)
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006

リハビリテーション部・科の最近の研究業績をご紹介します。 2013年1~12月 業績
原著論文・症例報告
Haga N, Kubota M, Miwa Z: Epidemiology of hereditary sensory and autonomic neuropathy type IV and V in Japan. Am J Med Genet A 161A: 871-874, 2013
Haga N, Kosaki K, Takikawa K, Tanaka H, Okada K, Nakahara Y, Ogata N: Education and related support from medical specialists for Japanese patients with major skeletal dysplasias. Disabil Health J 6: 399-404, 2013
Jiao S, Zhang Y, Ma W, Haga N: FOP in China and Japan: an overview from domestic literatures. Am J Med Genet Part A 161A: 892-893, 2013
Jiao S, Tsutani K, Haga N: Review of Cochrane reviews on acupuncture: how Chinese resources contribute to Cochrane reviews. J Altern Complement Med 19(7): 613-621, 2013
Minematsu T, Nakagami G, Yamamoto Y, Kanazawa T, Huang L, Koyanagi H, Sasaki S, Uchida G, Fujita H, Haga N, Yoshimura K, Nagase T, Sanada H: Wound blotting: a convenient biochemical assessment tool for protein components in exudate of chronic wounds. Wound Rep Reg 21: 329-334, 2013
Multiple-System Atrophy Research Collaboration, Mitsui J, Matsukawa T, Ishiura H, Fukuda Y, Ichikawa Y, Date H, Ahsan B, Nakahara Y, Momose Y, Takahashi Y, Iwata A, Goto J, Yamamoto Y, Komata M, Shirahige K, Hara K, Kakita A, Yamada M, Takahashi H, Onodera O, Nishizawa M, Takashima H, Kuwano R, Watanabe H, Ito M, Sobue G, Soma H, Yabe I, Sasaki H, Aoki M, Ishikawa K, Mizusawa H, Kanai K, Hattori T, Kuwabara S, Arai K, Koyano S, Kuroiwa Y, Hasegawa K, Yuasa T, Yasui K, Nakashima K, Ito H, Izumi Y, Kaji R, Kato T, Kusunoki S, Osaki Y, Horiuchi M, Kondo T, Murayama S, Hattori N, Yamamoto M, Murata M, Satake W, Toda T, Dürr A, Brice A, Filla A, Klockgether T, Wüllner U, Nicholson G, Gilman S, Shults CW, Tanner CM, Kukull WA, Lee VM, Masliah E, Low PA, Sandroni P, Trojanowski JQ, Ozelius L, Foroud T, Tsuji S: Mutations in COQ2 in familial and sporadic multiple-system atrophy. N Engl J Med 369: 233-44, 2013
Nishigaki Y, Mizuguchi H, Takeda E, Koike T, Ando T, Kawamura K, Shimbo T, Ishikawa H, Fujimoto M, Saotome I, Odo R, Omoda K, Yamashita S, Yamada T, Omi T, Matsushita Y, Takeda M, Sekiguchi S, Tanaka S, Fujie M, Inokuchi H, Fujitani J.: Development of new measurement system of thoracic expansion with biofeedback: reliability and validity. J Neuroeng Rehabil 2013 May 20;10:45
Saito Y, Suga M, Tochigi M, Abe O, Yahata N, Kawakubo Y, Liu X, Kawamura Y, Sasaki T, Kasai K, Yamasue H: Neural correlate of autistic-like traits and a common allele in the oxytocin receptor gene. Soc Cogn Affect Neurosci 2013 Sep 14
Sakakibara E, Takizawa R, Nishimura Y, Kawasaki S, Satomura Y, Kinoshita A, Koike S, Marumo K, Kinou M, Tochigi M, Nishida N, Tokunaga K, Eguchi S, Yamasaki S, Natsubori T, Iwashiro N, Inoue H, Takano Y, Takei K, Suga M, Yamasue H, Matsubayashi J, Kohata K, Shimojo C, Okuhata S, Kono T, Kuwabara H, Ishii-Takahashi A, Kawakubo Y, Kasai K: Genetic influences on prefrontal activation during a verbal fluency task in adults: A twin study based on multichannel near-infrared spectroscopy. Neuroimage 2013 Apr 2
Sugita S, Chikuda H, Ohya J, Taniguchi Y, Takeshita K, Haga N, Tanaka S: Cervical canal stenosis caused by progressive fusion and enlargement of cervical vertebrae with features of Proteus syndrome and Klippel-Feil syndrome. Skeletal Radiol 42: 1743-1746, 2013
Sumitani M, Kogure T, Nakamura M, Shibata M, Yozu A, Otake Y, Yamada Y: Classification of the pain nature of CRPS type 1, based on patient complaints, into neuropathic pain and nociceptive/inflammatory pain, using the McGill Pain Questionnaire. J Anesth Clin Res 4: 346, 2013
Sumiyoshi C, Uetsuki M, Suga M, Kasai K, Sumiyoshi T: Development of brief versions of the Wechsler Intelligence Scale for schizophrenia: considerations of the structure and predictability of intelligence. Psychiatry Res 210:773-9, 2013
Taniguchi H, Matsuo K, Okazaki H, Yoda M, Inokuchi H, González-Fernández M, Inoue M, Palmer JB.: Fluoroscopic evaluation of tongue and jaw movement during mastication in healthy humans. Dysphagia 28: 419-27, 2013
Tojima M, Ogata N, Yozu A, Sumitani M, Haga N: A novel three-dimensional motion analysis method for measuring the lumbar spine range of motion: Repeatability and reliability compared with an electrogoniometer. Spine 38: E1327-E1333, 2013
Yamamoto T, Yokota K, Amao R, Maeno T, Haga N, Taguri M, Ohtsu H, Ichikawa Y, Goto J, Tsuji S: An open trial of long-term testosterone suppression in spinal and bulbar muscular atrophy. Muscle Nerve 47(6): 816-822, 2013
Yozu A, Haga N, Tojima M, Zhang Y, Sumitani M, Otake Y: Vertical peak ground force in human infant crawling. Gait Posture 37: 293-295, 2013
Zhang Y, Ogata N, Yozu A, Haga N: Two-dimensional video gait analyses in patients with congenital insensitivity to pain. Dev Neurorehabil 16(4): 266-270, 2013
天尾理恵、川間健之介、緒方直史、木下修、西村隆、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: 注意力に着目した体外式補助人工心臓装着患者の動作能力評価の検証. 心臓リハビリテーション 18: 214-220, 2013
兼田康宏、住吉太幹、中込和幸、池澤聰、大森哲郎、古郡規雄、功刀浩、松尾淳子、宮本聖也、中村純、久住一郎、岡久祐子、小林正義、岡村愛子、鈴木雄太郎、管心、尾崎紀夫、吉田泰介、長田泉美、加藤淳一、浦田暁菜、佐久間寛之、永嶌朋久、石郷岡純、船橋英樹、羽下路子、赤澤将文、芳賀大輔、羽鳥乃路、原田俊樹、中谷真樹、児嶋亮、上原優子、松本香子: 統合失調症認知機能簡易評価尺度日本語版(BACS-J)標準化の試み. 精神医学55: 167-175, 2013
河島則天、芳賀信彦: 「痛み」の表示・学習ツール-無痛症患者の発達支援ツールの開発-. ライフサポート 25: 11-14, 2013
後藤美和、竹谷英之、川間健之介: 医療従事者調査による血友病患者に対する理学療法の現状と課題. リハビリテーション連携科学 14: 246-252, 2013
松岡夏子、滝川一晴、矢吹さゆみ、芳賀信彦: 治療に抵抗性であった環軸椎回旋位固定の臨床的特徴. 日本小児整形外科学会雑誌 22: 43-47, 2013
安井健、横田一彦、長野宏一朗、芳賀信彦: 特定機能病院における理学療法士の退院調整への関与. 理学療法科学 28: 1-5, 2013

このページのトップへ
総説・解説
粕谷大智: 運動器(脊椎)と脳のdysfunction(機能障害)を意識した鍼灸治療. ペインクリニック 34: 47-54, 2013
粕谷大智: 緩和医療 大学病院における鍼灸治療の実際と将来像 糖尿病性神経障害に対する鍼灸治療. 難病と在宅ケア 19: 29-32, 2013
粕谷大智、松平浩、井上基浩、伊藤和憲、三浦洋: ここまでわかった鍼灸医学 基礎と臨床の交流 腰痛症に対する鍼灸治療の効果と現状. 全日本鍼灸学会雑誌 63: 2-16, 2013
粕谷大智: 鍼灸技術の構築に向けて 鍼灸師のための臨床研修生制度. 鍼灸osaka 29: 77-80, 2013
粕谷大智、中原康雄、芳賀信彦: 大学病院における鍼灸治療の実際‐糖尿病性神経障害に対する鍼灸治療-. 神経内科 78(特集・神経内科診療における鍼灸治療): 538-542, 2013
小糸康治: 【頸椎症とその周辺疾患への鍼灸治療】 (PART3)現代医学的な病態把握に基づいた頸椎症の鍼灸治療. 医道の日本 72: 95-101, 2013
住谷昌彦、緒方徹、四津有人、大竹祐子、宮内哲: 【上肢切断者と義手の評価と訓練方法】 幻肢と幻肢痛の機序 その対処方法. 日本義肢装具学会誌 29: 206-11, 2013
住谷昌彦、緒方徹、四津有人、宮内哲: 【神経障害性疼痛のマネジメント】 病態別疼痛マネジメント 幻肢痛. Journal of Clinical Rehabilitation 22: 684-9, 2013
髙橋雅人、山口正貴: 褥創対策チームにおけるリハビリテーションスタッフの関わり. MB Med Reha 159(特集・リハビリテーション専門職が知っておきたい褥創の基本): 53-57, 2013
芳賀信彦、田中信幸、田中弘志: 先天性無痛無汗症の治療戦略(パネルディスカッション:難治性小児疾患の治療戦略). 日整会誌 87: 57-60, 2013
芳賀信彦: 脆弱性骨折がもたらすADL、QOL、生存率の低下. 骨粗鬆症治療 12: 14-17, 2013
芳賀信彦: 整形外科疾患. 小児科学レクチャー 3(3)(Q&Aで学ぶ乳幼児健診・学校検診-育児支援と成長・発達の診かたの最新知識-): 724-727, 2013
芳賀信彦: 小児の義肢. 総合リハビリテーション 41(切断と義肢-最新の臨床): 537-540, 2013
芳賀信彦: 二分脊椎. Monthly Book Medical Rehabilitation 163(もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーション評価のコツ): 388-391, 2013
芳賀信彦、河野博隆、篠田裕介、滝川一晴: 悪性軟部腫瘍の長期フォローアップ例から学ぶ. J Clin Rehabil 22: 1189-1194, 2013
美根大介: 肩関節周囲炎の鑑別と治療. 現代鍼灸学 13: 103-107, 2013
安井健: 多発性硬化症に対する治療と理学療法. PTジャーナル 47(特集・神経筋疾患の治療と理学療法): 1087-1094, 2013
横田一彦: 心臓外科術後リハビリテーション. Heart 3: 72-79, 2013

このページのトップへ
著書・翻訳
管心、古川俊一:精神科リハビリテーション. メンタル医療~原因解明と診断、治療の最前線~(糸川昌成、監修)、シーエムシー出版、東京、215-221、2013
髙橋雅人,安井健:第1章 リハビリテーション医学とは.[特論]看護にいかすリハビリテーション.成人看護学[2]、医学書院、東京、339-343、2013
髙橋雅人,赤羽秀徳:第2章 リハビリテーション医療で用いる評価法」・治療法.[特論]看護にいかすリハビリテーション.成人看護学[2] 、医学書院、東京、344-356、2013
髙橋雅人,赤羽秀徳,坂上訶子::第4章 おもな疾患のリハビリテーション.[特論]看護にいかすリハビリテーション.成人看護学[2] 、医学書院、東京、372-395、2013
奈良篤史:身体障害領域-急性期施設(大学病院).作業療法臨床実習マニュアル(山口昇、編集)、三輪書店、東京、93-106、2013
奈良篤史:認知機能とリハビリテーション.認知症のある人への作業療法(浅井憲義、大熊明、編集)、中央法規出版、東京、47-54、2013
芳賀信彦、緒方直史、中原康雄:(リハビリテーション関係項目).看護学大辞典、第6版(永井良三、田村やよひ、監修)、メヂカルフレンド社、東京、2013
芳賀信彦:一般の靴と靴型装具、足底装具、足趾装具、先天性内反足の装具、先天性股関節脱臼装具、ペルテス病装具.装具学、第4版(飛松好子、高嶋孝倫、編集)、医歯薬出版、東京、41-42・43-44・106-113、2013
芳賀信彦:乳幼児の股関節脱臼.今日の治療と看護、第3版(永井良三、大田健、総編集)、南江堂、東京、1349-1350、2013
芳賀信彦:二分脊椎.今日のリハビリテーション指針(伊藤利之、江藤文夫、木村彰男、編集)、医学書院、東京、101-107、2013
芳賀信彦:リハビリテーション医学教育の動向.リハビリテーション医学白書2013年版(公益社団法人日本リハビリテーション医学会、監修)、医歯薬出版、東京、20-28、2013
芳賀信彦:骨系統疾患の新国際分類と最近の進歩.臨床医のための最新整形外科(平沢泰介、三浪明男、戸山芳昭、編集主幹)、先端医療技術研究所、東京、216-219、2013
芳賀信彦、横田一彦:片麻痺患者のウォーキング.Medical Walking(宮下充正、監修)、南江堂、東京、147-150、2013
芳賀信彦:関節弛緩性.小児の整形外科診療エッセンス(久保俊一、責任編集)、診断と治療社、東京、56-59、2013
芳賀信彦:二分脊椎.もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーション評価のコツ(里宇明元、辻川将弘、杉山瑶、堀江温子、編集)、全日本病院出版会、東京、388-391、2013
松平浩、竹下克志(監訳)、大島寧、岡敬之、小野貴司、粕谷大智、勝平純司、河村直洋、後藤美和、坂光徹彦、相馬一仁、高橋雅人、高見沢圭一、竹下祐次郎、谷口優樹、筑田博隆、寺山星、唐司寿一、原慶宏、東川晶郎、増田和浩、山口正貴(訳):英国医師会腰痛・頸部痛ガイド、医道の日本社、2013(The BMA Guide to Back Care: Preventing, Diagnosing, and Treating Back and Neck Conditions, 2011)
横田一彦:無気肺.標準理学療法学専門分野内部障害理学療法学(吉尾雅春、高橋哲也、編集)、医学書院、東京、280-285、2013

このページのトップへ
学会・研究会発表
Goto M, Takedani H, Haga N, Kubota M, Ishiyama M, Ito S, Nitta O: Self-monitoring has a potency for home exercise program in patients with hemophilia. The 6th WCPT-AWP & 12th ACPT Congress 2013, 2013.9.5-9, Taichung (Taiwan)
Inokuchi H, Gonzalez-Fernandez M, Yoda M, Taniguchi H, Okazaki H, Broadsky MB, Hiraoka T, Palmer JB: Electromyography of swallowing with fine wire intramuscular electrodes: Effects of food consistency on muscle activity of selected hyoid muscles. 21th Annual meeting of Dysphagia Research Society, 2013.3.14-16, Seattle
Inokuchi H, Yasunaga H, Nakahara Y, Tojima M, Mano H, Ogata N, Horiguchi H, Fujitani J, Haga N: Rehabilitation reduces mortality of patients with Guillain-Barré syndrome: Analysis using a national administrative database in Japan. 7th World Congress of the International Society of Physical Medicine and Rehabilitation Medicine, 2013.6.16-20, Beijing
Inokuchi H, González-Fernández M, Yoda M, Taniguchi H, Hiraoka T, Okazaki H, Matsuo K, Palmer JB: Electromyography of swallowing with fine wire intramuscular electrodes: Muscle activity of selected hyoid muscles and hyoid displacement. 第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術集会,2013.9.22-23,倉敷
Haga N, Nakahara Y, Ogata N: Ambulation and its Support in Patients with Fibrodysplasia Ossificans Progressiva. The 14th Congress of the International Society for Prosthetics and Orthotics (ISPO 2013), 2013.2.4-7, Hyderabad (India)
Haga N: Management of lower extremity disorders to maintain ADL in patients with congenital insensitivity to pain with anhidrosis (English Session). 4th Annual Meeting of the Japanese Society for Neural Repair and Neurorehabilitation(第4回日本ニューロリハビリテーション学会), 2013.2.17, Okayama
Sumiyoshi C, Uetsuki M, Suga M, Kasai K, Sumiyoshi T: Development of brief versions of the Wechsler Intelligence Scale for schizophrenia. The 14th International Congress on Schizophrenia Research, 2013.4.21-25, Florida
Tojima M, Ogata N, Sumitani M, Yozu A, Jiao S, Inokuchi H, Nakahara Y, Haga N: A novel method for measurement of the lumbar spinal range of motion with three dimensional motion analysis: Repeatability and reliability compared with electrogoniometer. 2013 ORS Annual Meeting, 2013.1.26-29, San Antonio (USA)
Tojima M, Ogata N, Nakahara Y, Inokuchi H, Yozu A, Haga N: Three dimensional motion analysis of lumbo-pelvic rhythm during trunk extension. 7th World Congress of the International Society of Physical Medicine and Rehabilitation Medicine, 2013.6.16-20, Beijing
天尾理恵、大竹祐子、緒方直史、芳賀信彦: ロコモティブシンドローム対象者に対するロコトレ実施による動作能力と転倒意識の変化~ロコトレ実施の有無による比較検討~. 第38回日本運動療法学会, 2013.6.22, 別府
天尾理恵、緒方直史、大貫伸子、木下修、西村隆、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: NIPRO型VAD装着中の12歳男児のリハビリテーション~合併症や小児VAD患者特有の問題点への対応~. 第19回日本心臓リハビリテーション学会学術集会、2013.7.13-14、仙台
天尾理恵、横田一彦、安井健、山口正貴、加賀美幸江、遠藤美代子、木下修、小野稔、芳賀信彦: 当院におけるVAD装着後心移植患者の自宅退院までの経過. 第49回日本移植学会, 2013.9.5-7, 京都
天尾理恵、緒方直史、太田さやか、芳賀信彦:軟骨低発生症に肺低形成を合併した児の理学療法介入と運動発達経過. 第25回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2013.11.9, 横浜
天尾理恵: 重症心不全におけるチーム医療. 第2回日本心臓病学会チーム医療のための症例検討会, 2013.8.10, 東京
天尾理恵、緒方直史、小川直美、遠藤美代子、村上新、小野稔、芳賀信彦: 小児用体外式補助人工心臓(EXCOR)装着患者のリハビリテーションの経験. 第51回日本人工臓器学会大会, 2013.9.27-29, 横浜
石橋綾、石浦朋子、江口聡、清水希実子、矢島明佳、藤枝由美子、柴田貴美子、管心、古川俊一: 価値に基づくアプローチによる個別支援-就学ー. 第17回日本精神保健・予防学会, 2013.11.23-24, 東京
井口はるひ、康永秀生、中原康雄、堀口裕正、緒方直史、芳賀信彦: Rehabilitation reduces mortality of patients with Guillain-Barré syndrome: Analysis using a national administrative database in Japan. 第13回東京大学生命科学シンポジウム, 2013.6.8, 東京
井口はるひ、康永秀生、中原康雄、真野浩志、戸島美智生、緒方直史、藤谷順子、芳賀信彦: 人工呼吸器の有無によるGuillain-Barre症侯群患者の背景・転帰の比較. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-15, 東京
井口はるひ、戸島美智生、緒方直史、芳賀信彦: 三次元動作解析装置を用いた頚椎可動域の測定:信頼性と妥当性の検討. 第40回日本臨床バイオメカニクス学会, 2013.11.22-23, 神戸
岩白訓周、小池進介、管心、夏堀龍暢、滝澤龍、五丿井渉、阿部修、國松聡、山末英典、笠井清登: 統合失調症の発症後における下前頭回三角部の皮質体積減少と神経活動低下との関連. 第17回日本精神保健・予防学会, 2013.11.23-24, 東京
太田順、今水寛、関和彦、淺間一、出江紳一、芳賀信彦、近藤敏之、内藤栄一、村田哲、花川隆、高草木薫、稲邑哲也: 身体性システム科学の構築を目ざして. SSI2013(計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会), 2013.11.18-20, 大津
多田真理子、永井達哉、切原賢治、荒木剛、小池進介、管心、笠井清登: 統合失調症の早期段階における脳波ガンマ帯域反応と臨床症状、認知機能障害との関連. 第8回日本統合失調症学会, 2013.4.19-20, 浦河
緒方直史、中原康雄、岡本悟士、正田奈緒子、真野浩志、芳賀信彦: 胸髄損傷後50年で脳梗塞に感染性心内膜炎を併発し弁置換術を行った1例. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-15, 東京
緒方直史、芳賀信彦: 胸髄損傷後50年で、脳梗塞に感染性心内膜炎を併発し弁置換術を行い、術後リハビリに難渋した1例. 第48回日本脊髄障害医学会, 2013.11.14-15, 福岡
粕谷大智、庄子和夫、小岩信義: 慢性腰痛の心理社会的要因と身体的要因の関連性. 第16回日本心身健康科学会, 2013.2.16, 東京
粕谷大智、高野裕一、稲波弘彦、関寛之、土肥徳秀、松平浩、岡敬之、新谷雅樹、山内秀文、赤羽秀徳: 第5腰髄神経根障害を呈する腰部脊柱管狭窄症に対する保存療法の3群比較. 第25回日本運動器科学会, 2013.7.6, 神戸
粕谷大智、美根大介、小糸康治、杉田正道: 爪白癬に対する灸療法. 第2回エビデンスに基づく統合医療研究会, 2013.8.11, 大阪
粕谷大智、美根大介、小糸康治、杉田正道: 高度顔面神経麻痺患者に対するQOLを指標とした鍼治療の効果. 第62回全日本鍼灸学会学術大会, 2013.6.9, 福岡
久保玲央奈: 甲状腺癌における頚椎転移性骨腫瘍. 第1回東京骨転移Inter Professional Work Conference, 2013.11.8, 東京
雲野康紀、戸島美智生、中原康雄、芳賀信彦: 一期的両側人工股関節全置換術後の三次元動作解析による歩行分析-一症例における経時的変化. 第35回国立大学法人リハビリテーション療法士学術大会, 2013.9.14, 浜松
小池進介、岩本和也、文東美紀、高野洋輔、岩白訓周、里村嘉弘、永井達哉、多田真理子、夏堀龍暢、管心、笠井清登: 初回エピソード統合失調症における末梢血血漿成分のメタボロミクス解析. 第8回日本統合失調症学会, 2013.4.19-20, 浦河
小池進介、管心ら: ARMSの生物学的指標は臨床場面に応用できるのか. 第109回日本精神神経学会学術集会,2013.5.23-25, 福岡
小池進介、管心ら: 近赤外線スペクトロスコピィを用いた統合失調症の予後予測と状態像把握. 第109回日本精神神経学会学術集会,2013.5.23-25, 福岡
小糸康治、美根大介、小倉洋子、杉田正道、粕谷大智: ガン化学療法による末梢神経障害に対する鍼治療 プレガバリンの併用が有効であった1症例. 第62回全日本鍼灸学会学術大会, 2013.6.8, 福岡
小崎慶介、芳賀信彦、滝川一晴、阿南揚子、池川志郎、Ok-Hwa Kim、Tae-Joon Cho:IFITM5 mutationが確認されたV型骨形成不全症の母子例. 第25回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2013.11.9, 横浜
後藤美和、竹谷英之、横田一彦、芳賀信彦: 抗第Ⅷ因子抗体陽性時期より理学療法介入し歩行獲得に至った後天性血友病症例. 第35回日本血栓止血学会学術集会, 2013.5.30-6.1, 山形
清水希実子、佐々本雄太、石橋綾、江口聡、矢島明佳、株元麻美、藤枝由美子、管心: 通過型デイケアを基盤とした就学・就労支援のあり方についてー東大デイホスピタルの実践からー. 第17回日本精神保健・予防学会, 2013.11.23-24, 東京
清水希実子、矢島明佳、藤枝由美子、石橋綾、江口聡、飯田美恵、平野吉晃、株元麻美、管心: 若年者・通過型デイケアにおける就学支援の実例〜東大デイホスピタルの実践から〜. 第21回日本精神障害者リハビリテーション学会, 2013.11.28-30, 沖縄
正田奈緒子、康永秀生、門野夕峰、安井哲郎、小泉泰彦、田中栄: DPCデータベースを用いたTHA・TKA術後肺塞栓症の危険因子とfondaparinux・enoxaparinの有効性についての検討. 第86回日本整形外科学会学術総会, 2013.5.23-26, 広島
正田奈緒子、緒方直史、中原康雄、岡本悟士、真野浩志、芳賀信彦: 当院における骨転移キャンサーボード設立の取り組み. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-15, 東京
管心、川久保友紀、西村幸香、湯本真人、伊藤憲治、笠井清登: 音声言語課題を用いた統合失調症における脳磁場反応の検討. 第28回日本生体磁気学会, 2013.06.08, 新潟
高木久美、二藤隆春、埜藤奈美、荻野亜希子、井口はるひ、上羽瑠美、澤田実佳、関根理恵、矢冨裕: 咀嚼・嚥下障害患者における食品の摂取困難感の検討~アンケート調査~. 第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2013.9.22-23, 岡山
竹下祐次郎、三好好太、福島成欣、村瀬修平、斎木文子、三上容司、芳賀信彦:Loeys-Dietz症侯群に合併した環軸椎回旋位固定に対し後方固定術を行った1例. 第25回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2013.11.9, 横浜
戸島美智生、緒方直史、中原康雄、芳賀信彦: 三次元動作解析法を用いた立位体後屈時のLumbo-pelvic Rhythmの評価. 第25回日本運動器科学会, 2013.7.6, 神戸
戸島美智生、緒方直史、井口はるひ、芳賀信彦: 三次元動作解析法を用いた立位体側屈時のLumbo-pelvic Rhythmの評価. 第40回日本臨床バイオメカニクス学会, 2013.11.22-23, 神戸
永井達哉、多田真理子、切原賢治、小池進介、管心、荒木剛、橋本龍一郎、八幡憲明、橋本謙二、笠井清登: 精神病性障害の早期段階におけるミスマッチ陰性電位と血中D-serine 濃度の関連:予備的検討. 第8回日本統合失調症学会, 2013.4.19-20, 浦河
中原康雄、真野浩志、岡本悟士、正田奈緒子、戸島美智生、井口はるひ、野口周一、四津有人、緒方直史、芳賀信彦: 進行性骨化性線維異形成症患者(FOP)におけるADL・QOLの経時的評価. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-15, 東京
中平有、平山佑介、田中稔、藤田直人、藤野英己: 不活動に伴う骨格筋のミトコンドリア代謝障害に対する中周波電気刺激の予防効果. 第48回日本理学療法学術大会, 2013.5.24-26, 名古屋
埜藤奈美、荻野亜希子、兼岡麻子、岡本悟士、上羽瑠美、斉藤祐毅、二藤隆春、芳賀信彦: 副咽頭間隙腫瘍摘出後に重度嚥下障害をきたした患者への介入経過. 第14回日本言語聴覚学会, 2013.6.28-29, 札幌
芳賀信彦: 成人になった肢体不自由児の運動器管理と問題点(日本学術会議連携シンポジウム:障がい者の運動器の健康). 第68回日本体力医学会大会, 2013.9.21-23, 東京
芳賀信彦: リハビリテーション医から義肢装具士の卒後教育に望むこと(シンポジウム:義肢装具の未来を創る~義肢装具士の卒後教育から~). 第29回日本義肢装具学会学術大会, 2013.10.26-27, 佐賀
芳賀信彦、真野浩志、四津有人: 下肢痙縮に対し4年間ボツリヌス治療を継続した家族性痙性対麻痺の小児例. 第6回日本脳性麻痺ボツリヌス療法研究会 東京地区勉強会, 2013.11.1, 東京
真野浩志、井口はるひ、正田奈緒子、岡本悟士、中原康雄、緒方直史、芳賀信彦: 産科周産期における切迫流早産のリハビリテーション. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-15, 東京
三島健一、鬼頭浩史、芳賀信彦、中島康晴、金子浩史、松下雅樹、西田佳弘、石黒直樹:進行性骨化性線維異形成症におけるX線学的診断指針. 第25回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2013.11.9, 横浜
美根大介、小糸康治、杉田正道、粕谷大智: 腱板断裂に対する鍼治療成績について. 第62回全日本鍼灸学会学術大会, 2013.6.8, 福岡
三好光太、北川知明、福島成欣、大谷隼一、熊木慎吾、三上容司、芳賀信彦、滝川一晴、中村耕三: 骨系統疾患に伴う環軸椎部脊髄症の病態. 第86回日本整形外科学会学術集会, 2013.5.23-26, 広島
三好好太、竹下祐次郎、三上容司、芳賀信彦、滝川一晴、中村耕三:先天性脊椎骨端異形成症における環軸椎部脊髄症の病態と治療. 第25回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2013.11.9, 横浜
矢島明佳、清水希実子、藤枝由美子、石橋綾、江口聡、飯田美恵、平野吉晃、株元麻美、管心: 若年者・通過型デイケアにおける就学支援の工夫〜東大デイホスピタルの実践から〜. 第21回日本精神障害者リハビリテーション学会, 2013.11.28-30, 沖縄
吉川二葉、緒方直史、中原康雄、四津有人、田中弘志、正田奈緒子、真野浩志、芳賀信彦: 仙骨形成不全の下肢運動障害の特徴. 第30回日本二分脊椎研究会, 2013.7.6, 仙台
吉原美沙紀、山崎修道、夏堀龍暢、江口聡、成松裕美、北村早希子、村木美香、管心、荒木剛、笠井清登: メタ認知訓練プログラムの有効性の評価研究. 第17回日本精神保健・予防学会, 2013.11.23-24, 東京
四津有人、緒方直史、中原康雄、戸島美智生、芳賀信彦: 正常乳児の四つ這いにおける四肢のサイクル. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-15, 東京
四津有人: 正常乳児の四つ這いにおける四肢のサイクル. 第11回ボイタ医師研究会, 2013.8.21, 大阪
四津有人、緒方直史、亀山仁彦、中原康雄、戸島美智生、張雅素、芳賀信彦: ヒト乳児の四つ這いにおける,四肢の動き. 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度 合同大会, 2013.9.6-9, 岡山

このページのトップへ

Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.