HOME
研究業績(2014年)
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006

リハビリテーション部・科の最近の研究業績をご紹介します。 2014年1~12月 業績
原著論文・症例報告
Aoki Y, Yahata N, Watanabe T, Takano Y, Kawakubo Y, Kuwabara H, Iwashiro N, Natsubori T, Inoue H, Suga M, Takao H, Sasaki H, Gonoi W, Kunimatsu A, Kasai K, Yamasue H :Oxytocin improves behavioural and neural deficits in inferring others’ social emotions in autism. Brain 137: 3073-3086, 2014
Fujiwara S, Hoshikawa S, Ueno T, Hirata M, Saito T, Ikeda T, Kawaguchi H, Nakamura K, Tanaka S, Ogata T. SOX10 Transactivates S100B to Suppress Schwann Cell Proliferation and to Promote Myelination. PLoS One 9: e115400, 2014
Goto M, Takedani H, Haga N, Kubota M, Ishiyama M, Ito S, Nitta O: Self-monitoring has potential for home exercise programs in patients with hemophilia. Haemophilia 20: e121-127, 2014
Inokuchi H, Yasunaga H, Nakahara Y, Horiguchi H, Ogata N, Fujitani J, Matsuda S, Fushimi K, Haga N*: Effect of rehabilitation on mortality of patients with Guillain-Barre syndrome: a propensity-matched analysis using a nationwide database. Eur J Phys Rehabil Med 50: 439-446, 2014
Inokuchi H, Brodsky MB, González-Fernández M, Yoda M, Hiraoka T, Matsuo K, Palmer JB: Frequency of stage II oral transport cycles in healthy human. Dysphagia 29: 685-91, 2014
Inokuchi H, González-Fernández M, Matsuo K, Broadsky MB, Yoda M, Taniguchi H, Okazaki H, Hiraoka T, Palmer JB: Electromyography of swallowing with fine wire intramuscular electrodes in healthy human: Activation sequence of selected hyoid muscles. Dysphagia 29: 713-21, 2014
Koike S, Bundo M, Iwamoto K, Suga M, Kuwabara H, Ohashi Y, Shinoda K, Takano Y, Iwashiro N, Satomura Y, Nagai T, Natsubori T, Tada M, Yamasue H, Kasai K: A snapshot of plasma metabolites in first-episode schizophrenia: A capillary electrophoresis time-of-flight mass spectrometry study. Transl Psychiatry 2014 Apr 8 (Epub ahead of print)
Mishima K, Kitoh H*, Haga N, Nakashima Y, Kamizono J, Katagiri T, Susami T, Matsushita M, Ishiguro N: Radiographic characteristics of the hand and cervical spine in fibrodysplasia ossificans progressiva. Intractable Rare Dis Res 3: 46-51, 2014
Nagata E, Kano H, Kato F, Yamaguchi R, Nakashima S, Takayama S, Kosaki R, Tonoki H, Mizuno S, Watanabe S, Yoshiura K, Kosho T, Hasegawa T, Kimizuka M, Suzuki A, Shimizu K, Ohashi H, Haga N, Numabe H, Horii E, Nagai T, Yoshihashi H, Nishimura G, Toda T, Takada S, Yokoyama S, Asahara H, Sano S, Fukami M, Ikegawa S, Ogata T: Japanese founder duplications/triplications involving BHLHA9 are associated with split-hand/foot malformation with or without long bone deficiency and Gollop-Wolfgang complex. Orphanet J Rare Dis 9: 125, 2014
Nakahara Y, Katagiri T, Ogata N, Haga N: ACVR1 (587T>C) mutation in a variant form of fibrodysplasia ossificans progressive - second report. Am J Med Genet Part A 164A: 220-224, 2014
Tada M, Nagai T, Kirihara K, Koike S, Suga M, Araki T, Kobayashi T, Kasai K: Differential alterations of auditory gamma oscillatory responses between pre-onset high-risk individuals and first-episode schizophrenia.Cerebral Cereb Cortex. 2014 Dec 1 (Epub ahead of print)
Zhang Y, Haga N: Skeletal complications in congenital insensitivity to pain with anhidrosis: a case series of 14 patients and review of articles published in Japanese. J Orthop Sci 19: 827-831, 2014
天尾理恵、大竹祐子、緒方直史、芳賀信彦: ロコモティブシンドローム対象者に対するロコモーショントレーニング実施による動作能力と転倒意識の変化-ロコモーショントレーニング実施の有無による比較検討-. 運動器リハビリテーション(日本運動器科学会誌) 25: 68-75, 2014
大澤彩、作田浩行、後藤美和、田島加奈子、川間健之介: 乳がん術後患者のAxillary Web Syndromeへの対応に関する実態調査. 日本作業療法研究学会雑誌 17: 19-24, 2014
後藤美和、竹谷英之、久保田実、芳賀信彦、新田收:血友病患者に対するホームエクササイズが身体機能と日常生活活動能力に及ぼす影響. 日本プライマリ・ケア連合学会誌 37: 22-26, 2014
後藤美和、竹谷英之、川間健之介、新田收: 血友病患者における日常生活活動尺度の開発. 日本保健科学学会誌 16: 184-189, 2014
後藤美和、竹谷英之、大澤彩、笹尾久美子、川間健之介: 血友病患者に対する理学療法の現状と課題 患者調査による分析. リハビリテーション連携科学 15: 21-29, 2014
後藤美和、竹谷英之、川間健之介、新田收: 血友病患者における健康関連QOLに影響を与える要因. 日本血栓止血学会誌 25: 388-395, 2014
長谷川真人、山海嘉之: ロボットスーツHAL福祉用を用いた歩行練習の効果. 慢性脊髄損傷者に対する症例研究. 理学療法科学 29: 151-156, 2014
真野浩志、井口はるひ、正田奈緒子、中原康雄、緒方直史、芳賀信彦: 産科周産期のリハビリテーション-切迫流産を起こした妊婦の運動療法-. Jpn J Rehabil Med 51: 445-451, 2014

このページのトップへ
総説・解説
Haga N, Kubota M, Miwa Z: Hereditary sensory and autonomic neuropathy types IV and V in Japan. Pediatr Int 2014, Epub ahead of print
粕谷大智: 非特異的腰痛の病態に応じた鍼灸治療. 鍼灸osaka30: 35-40, 2014
粕谷大智: 臨床における腰痛診察手順と評価法. 医道の日本73: 52-55, 2014
粕谷大智、橋本洋一郎、鳥海春樹、菊池友和、篠原昭二: 頭痛に対する鍼灸治療の効果と現状.全日本鍼灸学会誌64: 18-35, 2014
河野博隆、池上政周、五嶋孝博、篠田裕介、津田祐輔: 切除縁評価法の問題点 骨・軟部肉腫切除縁評価法の今後の課題. 日本整形外科学会雑誌 88: 582-587, 2014
後藤美和: 子供の理学療法 血友病. 理学療法ジャーナル 48: 755-761, 2014
篠田裕介: 骨軟部腫瘍. Monthly Book Medical Rehabilitation 175: 23-29, 2014
正田奈緒子、田中栄: よく使う日常治療薬の正しい使い方 今日から開始!骨粗鬆症治療. レジデントノート 16: 1895-1899, 2014
高見沢圭一: 階段昇降練習のコツ. 理学療法ジャーナル 48: 364-366, 2014
芳賀信彦: リハビリテーション医療の現況. 診断と治療 102: 328-322, 2014
芳賀信彦: リハビリテーション医から義肢装具士の卒後教育に望むこと. 日本義肢装具学会誌 30: 73-76, 2014
芳賀信彦: 骨系統疾患のリハビリテーション-小児から成人まで-. Jpn J Rehabil Med 51: 288-294, 2014
芳賀信彦: 都会における介護予防体操. Bone Joint Nerve 4: 495-499, 2014
芳賀信彦: 二分脊椎患児の理学療法. 脊髄外科 28: 128-133, 2014
芳賀信彦: 後天性脊髄損傷. Monthly Book Medical Rehabilitation 175: 11-14, 2014
芳賀信彦: 廃用症候群. Monthly Book Medical Rehabilitation 176: 7-11, 2014
芳賀信彦: オーバービュー-ロコモティブシンドロームにおける脊椎椎体骨折. J Clin Rehabil 23: 1144-1147, 2014
古川壽亮、下寺信次、明智龍男、山田光彦、渡辺範雄、稲垣正俊、三木和平、米本直裕、小川雄右、田近亜蘭、竹島望、篠原清美、藤瀬昇、相澤明憲、池田学、安元眞吾、広田進、内村直尚、岡本泰昌、高石佳幸、萬谷昭夫、倉田健一、山脇成人、藤田博一、窪内肇、森信繁、近藤真前、加藤正、辻野尚久、茅野分、水野雅文、管心、杉下和行、笠井清登、井上猛、伊東かほり、久住一郎、SUNoD臨床試験グループ: SUNoD-大うつ病に対する新規抗うつ剤の最適使用戦略を確立するための大規模無作為割り付け比較試験. 精神医学 56: 477-489, 2014
松平浩、高橋雅人: 痛みの治療法/リハビリテーション療法(運動療法を中心に). 日医雑誌 143: 173, 2014
四津有人、芳賀信彦、太田順: 小児科‐発達の見方とリハビリテーション-. J Clin Rehabil 23: 902-906, 2014

このページのトップへ
著書・翻訳
天尾理恵:実践!補助人工心臓治療チームマスターガイド(許俊鋭、編著)、MEDICAL VIEW、116-123、305、2014
粕谷大智:関節リウマチ.鍼灸臨床最新科学、医歯薬出版、154-161、2014
篠田裕介、河野博隆:手術室における基本事項.整形外科レジデントマニュアル(田中栄、中村耕三、編)、医学書院、51-64、2014
篠田裕介:腫瘍性疾患.整形外科レジデントマニュアル(田中栄、中村耕三、編)、医学書院、339-356、2014
篠田裕介、河野博隆:高齢者骨転移患者の運動器管理.ベッドサイドの高齢者運動器の診かた(中村耕三、編)、南山堂、291-297、2014
芳賀信彦:レッグ・カルベ・ペルテス病(単純性股関節炎を含む).今日の治療指針、2014年版(山口徹、北原光夫、監修)、医学書院、1005-1006、2014
芳賀信彦:先天性骨系統疾患・先天異常症侯群・障害者スポーツ.標準整形外科学、第12版(中村利孝、松野丈夫、総編集)、医学書院、306-322・323-333・905-909、2014
芳賀信彦、久保俊一:遺伝学・骨系統疾患.股関節学(久保俊一、編著)、金芳堂、83-88・540-548、2014
芳賀信彦:脳性麻痺.義肢装具のチェックポイント(日本整形外科学会・日本リハビリテーション医学会、監修)、医学書院、271-274、2014
芳賀信彦:ロコモティブシンドローム.糖尿病患者の食事と運動(荒木栄一、編集主幹)、中山書店、284-285、2014
芳賀信彦:足を理解する-筋骨格系、外皮系、神経系、循環器系の解剖生理.最新版ナースのための糖尿病フットケア技術(宮地良樹、真田弘美、大江真琴、編集)、メディカルレビュー社、14-17、2014
芳賀信彦:遺伝性感覚・自律神経ニューロパチー.別冊日本臨牀 新領域別症侯群シリーズ No.27 神経症候群(第2版)、日本臨牀社、874-878、2014
芳賀信彦:小児リハビリテーションを勉強したい.こんなときどうする?リハビリテーション臨床現場のモヤモヤ解決!(上月正博、編著)、医歯薬出版、288-293、2014

このページのトップへ
学会・研究会発表
Chishima M, Yamaga T, Sakurai S, Nara A, Itoh K: Communication-assisted technology using a P300-based Brain-Computer Interface (BCI) by bone-conduction auditory stimulation. 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo, 2014.6.18-21, Yokohama
Kojima T, Ishikawa H, Nishida K, Hashimoto J, Miyahara T, Tanaka S, Haga N, Niki Y, Kojima M, Ishiguro N: Relationship between range of motion of joints in upper limbs and physical function in patients with long-standing rheumatoid arthritis: multicenter prospective cohort study for evaluation of joint surgery on physical function. ACR/ARHP 2014 Annual Meeting, 2014.11.14-19, Boston
Okada K, Tanaka S, Takikawa K, Haga N: Our experience with cloacal exstrophy: a novel method for post-operative fixation. 25th Annual Meeting of the Japanese Paediatric Orthopedic Association (第25回日本小児整形外科学会学術集会), 2014.11.27-28, Chiba
Shinoda Y, Kawano H, Tsuda Y, Sawada R, Morizaki Y, Uehara K, Koshima I, Narushima M, Iida T, Tanaka S: A 30-year-old female, osteosarcoma of the right ulna. The 26th Forum of the Surgical Society for Musculoskeletal Sarcoma. 2014.3.8, Tokyo
天尾理恵、横田一彦、安井健、山口正貴、緒方直史、縄田寛、波多野将、絹川弘一郎、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: 補助人工心臓装着患者の運動能力の推移~術前から術後自宅退院後6ヶ月までの経過~. 第78回日本循環器学会学術集会, 2014.3.21-23, 東京
天尾理恵、緒方直史、木下修、縄田寛、札琢磨、佐伯聡美、絹川弘一郎、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: BiVADからの離脱に至った小児リハビリテーション経験. 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2014.7.19-20, 京都
天尾理恵、緒方直史、木下修、縄田寛、根本真里子、遠藤美代子、絹川弘一郎、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: VAD装着後の心臓リハビリテーションの実際. 第20回日本心臓リハビリテーション学会, 2014.7.19-20, 京都
天尾理恵、緒方直史、根本真理子、加賀美幸恵、遠藤美代子、木下修、縄田寛、波多野将、絹川弘一郎、小野稔、芳賀信彦: 当院における心移植後のリハビリテーションの実際~多職種連携からうまれた円滑な治療促進への取り組み~. 第50回日本移植学会総会, 2014.9.10-12, 東京
天尾理恵、緒方直史、根本真理子、加賀美幸江、遠藤美代子、尾崎晋一、益澤明広、高岡哲弘、平田康隆、小野稔、芳賀信彦: 小児用体外式補助人工心臓装着患者のリハビリテーションの経験〜小児患者の心身に対する介入のポイント〜. 第52回日本人工臓器学会大会, 2014.10.17-19, 札幌
五十嵐祐嗣、中原康雄、緒方直史、芳賀信彦:四肢急性コンパートメント症侯群のリハビリテーション. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋
石川雄己、安琪、中川純希、戸島美智生、安井哲郎、岡敬之、芳賀信彦、山下淳、淺間一: Elevation Angleの近似平面を用いた変形性膝関節症患者の歩容解析(平面法則の有無と近似平面の角度差を用いた検討). 日本機械学会2014年度年次大会, 2014.9.7-10, 東京
石川雄己、Qi An、中川純希、戸島美智生、安井哲郎、岡敬之、井口はるひ、真野浩志、芳賀信彦、山下淳、淺間一: 平面法則と主成分分析を用いた変形性膝関節症患者の歩行解析. 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 2014, 2014.11.21-23, 岡山
井口はるひ、戸島美智生、緒方直史、芳賀信彦: 三次元動作解析装置を用いた嚥下中の頚部運動の評価. 第20回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術集会, 2014.9.22-23, 東京
江口聡、管心、山崎修道、夏堀龍暢、吉原美沙紀、成松裕美、北村早希子、村木美香、荒木剛、笠井清登: 東京大学医学部附属病院におけるメタ認知訓練法の試み. 第33回日本社会精神医学会, 2014.3.20-21, 東京
荻野亜希子、二藤隆春、上羽瑠美、七里朋子、岡田みき、井口はるひ、中原康雄、芳賀信彦: 多職種アプローチが嚥下機能改善手術後の機能再獲得の一助となったWallenberg症候群の2症例. 第20回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2014.9.6-7, 東京
粕谷大智: 基礎講座・腰痛に対する鍼灸臨床. 第39回現代医療鍼灸臨床研究会, 2014.4.29, 東京
粕谷大智: シンポジウム・腰痛に対する筋電図からみた鍼灸臨床. 第39回現代医療鍼灸臨床研究会, 2014.4.29, 東京
粕谷大智、美根大介、小糸康治、杉田正道: 高度麻痺患者に対するQOLを指標とした鍼治療の効果(第2報). 第63回全日本鍼灸学会学術集会, 2014.5.16-18, 松山
小糸康治、美根大介、小倉洋子、杉田正道、粕谷大智: ガン化学療法による末梢神経障害に対する鍼治療(第2報) 120Hz鍼通電がしびれ感に有効であった1症例. 第63回全日本鍼灸学会学術集会, 2014.5.16-18, 松山
小内仁子、高柳理瀬、井上瞬、荻野亜希子、宇都宮由美、都筑澄夫、渡嘉敷亮二: 日常的には回避がなくM・R法で改善がみられた成人吃音症例. 日本吃音・流暢性障害学会第2回大会, 2014.8.29-30, 埼玉
小内仁子、井上瞬、高柳理瀬、井上瞬、荻野亜希子、宇都宮由美、都筑澄夫、渡嘉敷亮二: 吃音の進展段階第3層でメンタルリハーサルにより改善がみられた中学生の1例, 第59回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 2014.10.9-10, 福岡
小嶋俊久、石川肇、西田圭一郎、橋本淳、宮原寿明、田中栄、芳賀信彦、二木康夫、小嶋雅代、石黒直樹: 多関節障害重症RA 患者に対する総合的関節機能再建治療法の検討と治療ガイドライン確立のための前向きコホート研究-Baseline の解析-. 第58 回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2014.4.24-24, 東京
後藤美和、竹谷英之、芳賀信彦、久保田実、石山昌弘、伊藤俊輔、新田收: 血友病患者に対するセルフモニタリングを用いたホームエクササイズが自己効力感と膝関節機能の改善に及ぼす影響. 第7回血友病理学療法研究会学術集会, 2014.6.1, 横浜
佐伯聡美、堤麻紀、本多みち江、岩崎美和、天尾理恵、加賀美幸江、阿久津友理、宇野光子、遠藤美代子、札琢磨、木村光利、木下修、縄田寛、小野稔: 成人病棟における補助人工心臓装着を受けた思春期の患者に対する看護. 第42回人工心臓と補助循環懇話会学会, 2014.3.7-8, 新潟
早乙女貴子、芳賀信彦: 緩和ケア病棟に入院した患者のADLとQOLの継時的変化に関する調査. 第19回日本緩和医療学会学術大会, 2014.6.19-21, 神戸
篠田裕介、澤田良子、西坂智佳、正田奈緒子、緒方直史、芳賀信彦、津田祐輔、田中栄、河野博隆:診断科横断的なキャンサーボード診療体制による運動器マネージメントは骨転移患者のQOL維持に有用である. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋
篠田裕介、澤田良子、大熊加惠、稲田修士、金井良晃、岩瀬哲、中川恵一、津田祐輔、田中栄、河野博隆: 骨転移手術における骨転移キャンサーボード介入の効果. 第19回 日本緩和医療学会学術大会, 2014.6.7-9, 神戸
篠田裕介、澤田良子、津田祐輔、大隈知威、小林寛、池上政周、大木孝裕、五嶋孝博、田中栄、河野博隆: 診療科横断的なキャンサーボード診療体制による運動器マネージメントは骨転移患者のQOL維持に有用である(シンポジウム:骨転移治療戦略とがんのリハビリテーション). 第47回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会, 2014.7.17-18, 大阪
篠田裕介、澤田良子、金井良晃、中川恵一、岩瀬哲、津田祐輔、五嶋孝博、田中栄、河野博隆: 骨転移キャンサーボードの介入により骨転移患者のQOLが改善する. 第52回日本がん治療学会学術集会, 2014.8.28-30, 横浜
柴田晃希、芳賀信彦、藤原清香、真野浩志、伊藤智絵、戸島美智生、井口はるひ、越前谷務: 脛骨形成不全に対するsurgical conversionによる歩行の変化. 第30回日本義肢装具学会学術大会, 2014.10.18-19, 岡山
清水希実子、石橋綾、江口聡、管心: 就労準備を高めるSSTにおけるスキル獲得の工夫の試み~ビデオフィードバックと弁別モデルの利用. SST普及協会第19回学術集会,2014.12.12-13, 仙台
正田奈緒子、芳賀信彦、緒方直史、中原康雄、吉川二葉:THA・THAを受けた関節リウマチ患者における術後の総合関節機能変化とQOLの評価. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋
管心、江口聡、清水希実子、石橋綾: 外来におけるメタ認知訓練法の試み. 第9回日本統合失調症学会, 2014.3.14-15, 京都
竹下保稔、江口聡、清水希実子、石橋綾、矢島明佳、株元麻美、飯田美恵、玉城亜理沙、塩原裕理、安西彩子、本橋真莉愛、柴田貴美子、管心: 東大病院デイケアにおける症状自己管理モジュールの実践. 第18回日本精神保健・予防学会, 2014.11.15-16, 東京
田屋雅信、網谷英介、横田一彦、中山敦子、渡辺昌文、小室一成、芳賀信彦: 重症心不全に対してインターバルトレーニングを導入した症例. 全国症例検討会(第50回日本理学療法学術大会 プレ・コングレスミーティング), 2014.7.26, 東京
田屋雅信、網谷英介、横田一彦、中山敦子、渡辺昌文、小室一成、芳賀信彦: 冠動脈疾患に対する再発予防における最前線の取り組み. 第28回日本冠疾患学会学術集会, 2014.12.12-13, 東京
戸島美智生、中原康雄、井口はるひ、石川雄己、雲野康紀、緒方直史、芳賀信彦:三次元動作解析法を用いた両脚用ロボットスーツ着用時の起立動作解析. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋
中原康雄、吉川二葉、正田奈緒子、真野浩志、井口はるひ、四津有人、野口周一、緒方直史、芳賀信彦:進行性骨化性線維異形成症患者の症状経過と身体機能. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋
西坂智佳、緒方直史、中原康雄、澤田良子、篠田裕介、芳賀信彦:診断科横断的組織である骨転移キャンサーボードによる骨転移患者への介入. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋
芳賀信彦: 医科大学病院における鍼灸の現状と課題. 第40回記念大会現代医療鍼灸研究会, 2014.11.3, 東京
芳賀信彦、小崎慶介: 成人期に下肢症状を呈した骨形成不全症の特徴. 第26回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2014.11.28, 千葉
藤原清香、真野浩志、滝川一晴、志賀末紘、芳賀信彦: 先天性腓骨形成不全の足部変形の長期経過からみた装具治療. 第30回日本義肢装具学会学術大会, 2014.10.18-19, 岡山
真野浩志、五十嵐祐嗣、柳原幸治: 投薬・リハビリテーションにてミオクローヌスが改善したLance Adams症候群患者の一例. 第58回日本リハビテーション医学会関東地方会, 2014.9.20, 取手
安井健、鷲尾智子、横田一彦、粟井直子、中原康雄、緒方直史、芳賀信彦: 副腎皮質ステロイドによる薬剤性の筋力低下に対する取り組み―早期発見・早期介入のための病棟との連携―. 第49回日本理学療法学術大会, 2014.6.1, 横浜
吉川二葉、緒方直史、中原康雄、正田奈緒子、芳賀信彦:重度の動静脈奇形により大腿骨病的骨折を来し装具の工夫により松葉杖歩行を獲得した一例. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋
四津有人、芳賀信彦、中原康雄、緒方直史:腰下肢痛に対し脊髄刺激を行った症例の歩行分析. 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2014.6.5-7, 名古屋

このページのトップへ

Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.