HOME
研究業績(2015年)
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006

リハビリテーション部・科の最近の研究業績をご紹介します。 2015年1~12月 業績
原著論文・症例報告
Eguchi S, Koike S, Suga M, Takizawa R, Kasai K: Psychological symptom and social functioning subscales of the modified Global Assessment of Functioning scale: Reliability and validity of the Japanese version. Psychiatry Clin Neurosci 69(2): 126-127, 2015
Goto M, Takedani H, Nitta O, Kawama K: Joint function and arthropathy severity in patients with hemophilia. J Jpn Phys Ther Assoc 18: 15-22, 2015.12
Honda A, Yoshimi A, Ushiku T, Shinoda Y, Kawano H, Toya T, Kogure Y, Yamashita H, Kume H, Nannya Y, Kurokawa M: Successful control of carcinoma of unknown primary with axitinib, a novel molecular-targeted agent: a case report. Chemotherapy 60(5-6): 342-5, 2015.11
Inokuchi H, Tojima M, Mano H, Ishikawa Y, Ogata N, Haga N: Neck range of motion measurements using a new three-dimensional motion analysis system: validity and repeatability. Eur Spine J 24(12): 2807-2815, 2015.12
Inokuchi H, González-Fernández M, Matsuo K, Broadsky MB, Yoda M, Taniguchi H, Okazaki H, Hiraoka T, Palmer JB: Electromyography of swallowing with fine wire intramuscular electrodes in healthy human: Amplitude difference of selected hyoid muscles. Dysphagia 2015, Epub ahead of print
Kaneoka A, Krisciunas GP, Walsh K, Raade AS, Langmore SE: A comparison of 2 methods of endoscopic laryngeal sensory testing: A preliminary study. Ann Otol Rhinol Laryngol 124(3): 187-193, 2015.3
Kaneoka A, Pisegna JM, Miloro KV, Lo M, Saito H, Riquelme LF, LaValley MP, Langmore SE: Prevention of healthcare-associated pneumonia with oral care in individuals without mechanical ventilation: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Infect Control Hosp Epidemiol, 36(8): 899-906, 2015.8
Kobayashi H, Shinoda Y, Ohki T, Kawano H: Intercostal neuralgia as a symptom of an osteoblastoma in thoracic spine. BMJ Case Rep 2015 Jul 2, 2015
Mitsui J, Matsukawa T, Sasaki H, Yabe I, Matsushima M, Dürr A, Brice A, Takashima H, Kikuchi A, Aoki M, Ishiura H, Yasuda T, Date H, Ahsan B, Iwata A, Goto J, Ichikawa Y, Nakahara Y, Momose, Y, Takahashi Y, Hara K, Kakita A, Yamada M, Takahashi H, Onodera O, Nishizawa M, Watanabe H, Ito M, Sobue G, Ishikawa K, Mizusawa H, Kanai K, Hattori T, Kuwabara S, Arai K, Koyano S, Kuroiwa Y, Hasegawa K, Yuasa T, Yasui K, Nakashima K, Ito H, Izumi Y, Kaji R, Kato T, Kusunoki S, Osaki Y, Horiuchi M, Kondo T, Murayama S, Hattori N, Yamamoto M, Murata M, Satake W, Toda T, Filla A, Klockgether T, Wüllner U, Nicholson G, Gilman S, Tanner CM, Kukull WA, Stern MB, Lee VM, Trojanowski JQ, Masliah E, Low PA, Sandroni P, Ozelius LJ, Foroud T, Tsuji S: Variants associated with Gaucher disease in multiple system atrophy. Ann Clin Transl Neurol 2(4): 417-426, 2015.4
Nagata E, Haga N, Fujisawa Y, Fukami M, Nishimura G, Ogata T: Femoral-tibial-digital malformations in a boy with the Japanese founder triplication of BHLHA9. Am J Med Genet Part A, 2015 Sep 3, Epub ahead of print
Nakahara Y, Suzuki R, Katagiri T, Toguchida J, Haga N: Phenotypic differences of patients with fibrodysplasia ossificans progressiva due to p.Arg258Ser variants of ACVR1. Human Genome Variation 2; 15055, 2015.12
O'Dea MB, Langmore SE, Krisciunas GP, Walsh M, Zanchetti LL, Scheel R, McNally E, Kaneoka A, Guarino AJ, Butler SG: Effect of lidocaine on swallowing during FEES in patients with dysphagia. Ann Otol Rhinol Laryngol 124(7): 537-44, 2015.7
Ogura K, Uehara K, Akiyama T, Iwata S, Shinoda Y, Kobayashi E, Saita K, Yonemoto T, Kawano H, Chuman H, Davis AM, Kawai A: Cross-cultural adaptation and validation of the Japanese version of the Toronto Extremity Salvage Score (TESS) for patients with malignant musculoskeletal tumors in the lower extremities. J Orthop Sci 20(6): 1098-1105, 2015.8
Pisegna JM, Kaneoka A, Pearson WG, Kumar S, Langmore SE: Effects of non-invasive brain stimulation on post-stroke dysphagia: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Clin Neurophysiol 127(1): 956-968, 2015.5
Yamamoto T, Inokuchi H, Sano Y, Kandori A, Murata M: Assessment of a new magnetic device to monitor swallowing in Parkinson’s disease. J Neurol Neurophysiol 6(1): 267, 2015
天尾理恵、山口正貴、安井健、横田一彦、加賀美幸江、遠藤美代子、縄田寛、木下修、絹川弘一郎、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: 心移植患者における術前リハビリテーションの重要性~術後から自宅退院までの検討~. 心臓リハビリテーション 20(2): 345-349, 2015.6
上羽瑠美、横山明子、荻野亜希子、井口はるひ、岡田美紀、森本幸樹、櫛木彩香、水本知里、石丸純子、有本一華、森鮎美、後藤多嘉緒、二藤隆春、山岨達也: とろみ調整食品を用いた経腸栄養剤の粘度調整に関する検討-Line Spread Test値の粘度との関係-. 嚥下医学 4(1): 76-87, 2015
上羽瑠美、横山明子、荻野亜希子、井口はるひ、岡田美紀、森本幸樹、櫛木彩香、水本知里、岩井裕規、後藤多嘉緒、二藤隆春、山岨達也: 経腸栄養剤に対するとろみ調整食品使用に関する検討-音叉式振動式粘度計による粘性(静粘度)の経時的変化及び撹拌による影響-. 嚥下医学 4(1): 88-99, 2015
上羽瑠美、横山明子、岡田美紀、森本幸樹、櫛木彩香、水本知里、荻野亜希子、七里朋子、後藤多嘉緒、井口はるひ、遠藤綾乃、二藤隆春、山岨達也: とろみに関する医療従事者の認識と指導者用パンフレット導入による意識変化. 嚥下医学 4(2): 192-203, 2015
上羽瑠美、横山明子、櫛木彩香、七里朋子、荻野亜希子、兼岡麻子、後藤多嘉緒、井口はるひ、二藤隆春、山岨達也: 病態に応じた経腸栄養剤に対するとろみ調整食品の使用に関する検証. 嚥下医学 4(2): 220-231, 2015
粕谷大智、鍵谷方子、小岩信義、庄子和夫: 慢性腰痛の表面筋電図の特徴と心理社会的要因の関係. 心身健康科学 11(1): 2-8, 2015.2
粕谷大智: 腰痛患者の表面筋電図の特徴と鍼灸治療. 現代鍼灸学 15(1): 79-88, 2015.11
後藤美和、竹谷英之、新田收、川間 健之介: 血友病患者における関節機能とADL、健康関連QOLの関連性. 理学療法科学 30(3): 413-419, 2015.6
津田祐輔、康永秀生、澤田良子、篠田裕介、田中栄、河野博隆: 骨転移による大腿骨病的骨折患者の在院死亡率:DPCデータベースによる検討. 日本整形外科学会雑誌89: 775-778, 2015.10
埜藤奈美、上羽瑠美、斎藤祐毅、二藤隆春、井口はるひ、芳賀信彦: 副咽頭間隙腫瘍摘出後に重度嚥下障害をきたした1例. 言語聴覚研究12(2): 104-112, 2015.6
山口正貴、高見沢圭一、原慶宏、後藤美和、緒方直史、芳賀信彦、小林里美: 慢性の非特異性腰痛患者に対するMcKenzie法にストレッチングを加えた運動療法とMcKenzie法単独療法との比較-単盲検準ランダム化比較試験. 理学療法ジャーナル 49(6): 573-580, 2015.6

このページのトップへ
総説・解説
Haga N, Kubota M, Miwa Z: Hereditary sensory and autonomic neuropathy types IV and V in Japan. Pediatr Int 57(1): 30-36, 2015.2
Yozu A, Haga N, Funato T, Owaki D, Chiba R, Ota J: Hereditary sensory and autonomic neuropathy types 4 and 5: review and proposal of a new rehabilitation method. Neurosci Res, 2015 Nov 10, Epub ahead of print
小原希実、安井健、伊地知秀明、関根里恵、窪田直人: 肝臓周術期リハビリテーションにおける管理栄養士の役割. 臨床栄養 126(5): 581-587, 2015.5
粕谷大智: 鍼灸師が多職種とのチーム医療連携で求められること. 医道の日本 74(3): 48, 2015.3
粕谷大智: 【肩こりを考える】VDT作業者にみられる肩こり 鍼灸治療のアプローチ. 整形・災害外科 58(7): 915-921, 2015.6
粕谷大智: 腰痛の病態把握と鍼灸治療. 現代鍼灸学 15(1): 61-68, 2015.11
篠田裕介、澤田良子、津田祐輔、大隈知威、小林寛、大木孝裕、池上政周、五嶋孝博、田中栄、河野博隆: 診療科横断的なキャンサーボード(CB)診療体制による運動器マネージメントは骨転移患者のQOL維持に有用である. 日本整形外科学会雑誌89: 763-767, 2015.10
中原康雄、芳賀信彦: リンパ浮腫とリハビリテーション. MB Med Reha 191: 29-33, 2015.12
芳賀信彦: 体幹装具総論. J Clin Rehabil 24: 4-7, 2015.1
芳賀信彦: リハビリテーションからみた跛行の評価と管理. Monthly Book Orthopaedics 28(4): 61-67, 2015.4
芳賀信彦: 歩行解析. 日本医師会雑誌144特別号(1)(ロコモティブシンドロームのすべて): 44-46, 2015.6
芳賀信彦: 糖尿病足病変患者に対するリハビリテーション. 内分泌・糖尿病・代謝内科 41(2): 123-127, 2015.8
芳賀信彦: リハビリテーション科専門医制度の動向. 総合リハビリテーション 43(10): 911-915, 2015.10
芳賀信彦: 生涯を見据えた肢体不自由児への医療と支援. 日本小児看護学会誌 24(3): 51-55, 2015.11
芳賀信彦: 大学病院の立場から~医科大学病院における鍼灸の現状と課題~. 現代鍼灸学 15(1): 131-134, 2015.11
芳賀信彦: 運動器のリハビリテーションの基本. 京都リハビリテーション研究会会誌 2: 33-39, 2015.12
藤原 清香、大西謙吾: 新しい医療技術-日本における筋電義手の現状と欧米の次世代筋電義手と研究開発. 整形・災害外科 58(9), 1267-1272, 2015.8
藤原清香、芳賀信彦: 小児の骨関節疾患のリハビリテーションと装具. 日本義肢装具学会誌 31(4): 215-221, 2015.10
松永明子: 尿失禁・骨盤底機能のリハビリテーション. MB MEDICAL REHABILITATION 191: 45-50, 2015.12
横田一彦、長谷川真人、梅崎成子、荻野亜希子、太田麻美子: 悪性腫瘍リハビリテーションの実際. 成人病と生活習慣病 45(11): 1421-1425, 2015.10
横田一彦: 多様な疾病、障害に対する理学療法. 理学療法学 42(8): 736-737, 2015.12
四津有人、芳賀信彦、高橋尚人: 脳性麻痺・小児疾患. J Clin Rehabil 24: 914-919, 2015.9

このページのトップへ
著書・翻訳
荻野亜希子:第4章<4-10>、間接法による吃音訓練 自然で無意識な発話への遡及的アプローチ ―環境調整法・年表方式のメンタルリハーサル法― (都筑澄夫、著、編集)、三輪書店、東京、2015.9
粕谷大智、松平浩:各論「腰部脊柱管狭窄症」、各論「糖尿病性神経障害」. 中高齢者の鍼灸療法、医道の日本社、東京、74-84、156-161、2015
篠田裕介:良性骨腫瘍.今日の小児治療指針、第16版(水口雅、市橋光、崎山弘、総編集)、医学書院、東京、817-818、2015.9
篠田裕介、河野博隆:骨転移の保存的治療. 肉腫化学療法マスタークラス (川井章、編集)、南山堂、326-335、2015.6
篠田裕介、河野博隆:診療科横断的な骨転移診療体制 -東京大学病院骨転移キャンサーボード-. 前立腺癌と男性骨粗鬆症 最新骨管理マニュアル 改訂第2版(細井孝之、松島常、編集)、医学図書出版株式会社、269-280、2015.10
管心:統合失調症、精神神経疾患ビジュアルブック(落合慈之、監修)、学研、東京、180-188、2015.9
田屋雅信:脳血管障害のある心不全.今日の理学療法指針(内山靖、網本和、臼田滋、高橋哲也、淵岡聡、間瀬教史、編集)、医学書院、東京、401-404、2015.6
田屋雅信:心臓外科手術後における理学療法技術の検証.理学療法MOOK17 理学療法技術の再検証 -科学的技術の確立に向けて-(福井勉、神津玲、大畑光司、甲田宗嗣、編集)、三輪書店、東京、164-174、2015.5
芳賀信彦(編集)、前野崇、荒尾敏弘:(リハビリテーション関係項目)、小崎慶介、滝川一晴(整形関連項目).南山堂医学大辞典、第20版、南山堂、東京、2015.4
芳賀信彦:肘内障、脊柱側弯症、成長痛、O脚・X脚.これだけは知っておきたい!よくみる小児疾患100(五十嵐隆、監修)、総合医学社、東京、360-363、378-381、382-384、385-388、2015.4
芳賀信彦:32部「骨と関節の障害」-2節「スポーツ医学」-683章「運動能力向上補助剤(エルゴジェニックエイド)」、684章「各スポーツと関連する傷害」、ネルソン小児科学原著第19版(監訳:衛藤義勝)、エルゼビアジャパン、東京、2803-2804、2015.4(翻訳:Kliegman RM, Stanton BF, Schor NF, St.Geme IIIJW, Behrman RE: Nelson Textbook of Pediatrics, 19th ed., Elsevier)
芳賀信彦:32部「骨と関節の障害」-3節「骨系統疾患」-685章「一般的考察」、686章「軟骨基質蛋白が関与する疾患」、687章「膜貫通レセプターが関与する疾患」、688章「イオン輸送体が関与する疾患」、689章「転写因子が関与する疾患」、690章「骨吸収障害が関与する疾患」、691章「機序が十分に理解されていない、または、不明な疾患」、ネルソン小児科学原著第19版(監訳:衛藤義勝)、エルゼビアジャパン、東京、2805-2818、2015.4(翻訳:Kliegman RM, Stanton BF, Schor NF, St.Geme IIIJW, Behrman RE: Nelson Textbook of Pediatrics, 19th ed., Elsevier)
芳賀信彦:分娩麻痺.今日リハビリテーション評価マニュアル(高橋秀寿、監修、問川博之、編集)、診断と治療社、東京、167-169、2015.4
芳賀信彦:先天性多発性関節拘縮症.今日の小児治療指針、第16版(水口雅、市橋光、崎山弘、総編集)、医学書院、東京、823-824、2015.9
芳賀信彦:MMT(manual muscle testing, 徒手筋力テスト)、ROM(range of motion, 関節可動域)測定、Ashworth scale、Hofferの歩行機能レベル、二分脊椎(概説)、Sharrard分類、筋・骨格系(概説).障害と活動の測定・評価ハンドブック、第2版(岩谷力、飛松好子、編集)、南江堂、東京、39-44, 108, 168-170, 182-183、2015.11
長谷川真人:臨床実習指導者とのコミュニケーションを円滑にするコツ:理学療法 臨床実習サポートブック、第1版(岡田慎一郎、上村忠正、永井絢也、村上京子、守澤幸晃、編集)、医学書院、東京、186−189、2015.11
安井健:多発性硬化症.今日の理学療法指針(内山靖、総編集)、医学書院、東京、272-276、2015.6
安井健:筋強直性ジストロフィーにおける筋緊張の特性と治療.筋緊張に挑む~臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス~(斉藤秀之、加藤浩、編集)、文光堂、東京、155-162、2015.6

このページのトップへ
学会・研究会発表
Haga N: Education and related support from medical specialists for Japanese patients with achondroplasia/hypochondroplasia and osteogenesis imperfecta. 9th ISPRM World Congress , 2015.6.1-23, Berlin
Hasegawa M, Fujiwara S, Nakahara Y, Yokota K, Haga N, Sankai Y: Robotic rehabilitation for a patient with oculopharyngodistal myopathy. World Confederation for Physical Therapy Congress 2015, 2015.5.1-4, Singapore
Kaneoka A, Pisegna JM, Miloro KV, Lo M, Saito H, Riquelme LF, LaValley MP, Langmore SE: Prevention of healthcare-associated pneumonia with oral care in individuals without mechanical ventilation: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. The 23rd Dysphagia Research Society Annual Meeting, 2015.3.12-14,Chicago
Kojima T, Ishikawa H, Nishida K, Hashimoto J, Miyahara T, Tanaka S, Haga N, Niki Y, Kojima M, Ishiguro N: Relationship between index of activity speed (time up and go test) and patient-reported outcome in patients with long-standing rheumatoid arthritis: multicenter prospective cohort study for evaluation of joint surgery on physical function. EULAR Rome 2015, 2015.6.10-13, Rome
Pisegna JM, Kaneoka A, Pearson WG, Kumar S, Langmore SE: Effects of non-invasive brain stimulation on post-stroke dysphagia: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. The 23rd Dysphagia Research Society Annual Meeting, 2015.3.12-14, Chicago
Yozu A, Haga N, Otake Y, Kameyama K, Sumitani M: Gait analysis before and during spinal cord stimulation in patients with low back pain. 9th ISPRM World Congress , 2015.6.1-23, Berlin
Yozu A, Funato T, Owaki D, Haga N: Development of a measurement and real-time display system for kinematics and muscle synergy of gait. 26th 2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science , 2015.11.23-25, Nagoya
天尾理恵、柏公一、阿部真奈美、加賀美幸江、根本真理子、遠藤美代子、平田康隆 、有馬大輔、尾崎晋一、益澤明広、高岡哲弘、縄田寛、絹川弘一郎、小野稔、芳賀信彦: 小児用体外式補助人工心臓装着患者の活動自立度の検討. 第43回人工心臓と補助循環懇話会学術集会, 2015.2.20-21, 熱海
天尾理恵、山口正貴、安井健、横田一彦、木下修、縄田寛、波多野将、絹川弘一郎、遠藤美代、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: 心移植患者の自宅退院までの経過. 第79回日本循環器学会学術集会, 2015.4.23-25, 大阪
天尾理恵、縄田寛、木村光利、木下修、平田康隆、波多野将、根本真理子、加賀美幸江、遠藤美代子、絹川弘一郎、小野稔、芳賀信彦: 体外設置型と植込型が共存する補助人工心臓治療現場で求められるリハビリテーション. 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015-7-18-19, 福岡
天尾理恵、澤田佑介、遠藤佐知子、尾崎晋一、有馬大輔、岡村賢一、益澤明広、高岡哲弘、平田康隆、進藤孝洋、小野稔、芳賀信彦: 補助循環治療を要した小児劇症型心筋炎2患者の理学療法経験 〜早期リハビリテーション介入の重要性〜. 第53回日本人工臓器学会大会, 2015.11.19-21, 東京
石橋綾、江口聡、清水希実子、山口正貴、高橋雅人、松平浩、管心: リエゾンアプローチが慢性非特異的腰痛の改善に奏功した統合失調症の一例. 第23回日本腰痛学会, 2015.11.14, 東京
井口はるひ、真野浩志、篠田裕介、芳賀信彦: 三次元動作解析法を用いた成人先天性筋性斜頚患者の手術前後の頚部運動計測. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
井口はるひ、荻野亜希子、七里朋子、兼岡麻子、上羽瑠美、二藤隆春、芳賀信彦: 頚椎手術患者における椎前部の軟部組織の厚みと嚥下困難感の変化. 第21回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術集会, 2015.9.11-12, 京都
上羽瑠実、横山明子、井口はるひ、荻野亜希子、七里朋子、森鮎美、二藤隆春、山岨達也: 病態に応じた各種慶弔栄養剤へのとろみ調整食品の使用に関する検証. 第21回摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015.9.11-12, 京都
梅﨑成子: 大学病院におけるがん患者に対するリハビリテーションの実際-(シンポジウム「緩和ケアチームにおけるリハビリテーション専門職の活用を考える」).第20回日本緩和医療学会学術大会, 2015.6.19, 横浜
江口聡、山崎修道、夏堀龍暢、吉原美沙紀、管心、荒木剛、笠井清登: 東京大学医学部附属病院におけるメタ認知訓練法の試み, 第10回日本統合失調症学会, 2015.3.27-28, 東京
遠藤佐知子、藤原清香、芳賀信彦: ANCA関連血管炎患者に対する装具療法. 第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015.11.7-8, 横浜
大西謙吾、高見響、清水元春、渋谷正樹、藤原清香、野口智子、芳賀信彦: 幼児用筋電トレーナーの基礎研究. 第30回リハ工学カンファレンス, 2015.11.13-15, 沖縄
岡田慶太、芳賀信彦、小崎慶介、滝川一晴:多中心性手根骨・足根骨溶解症の小経験. 第26回日本小児整形外科学会学術大会, 2015.12.4-5, 岐阜
緒方直史、篠田裕介、中原康雄、藤原清香、芳賀信彦: モーションキャプチャシステムKinectを用いた、上肢機能の三次元的評価の試み. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
小北麻記子、大西謙吾、藤原清香、松田靖史、吉川雅博、河島則天: 上肢先天欠損児の発達支援を目的とした人工肢の開発. 第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015.11.7-8, 横浜
荻野亜希子、大塚満美子、上羽瑠美、後藤多嘉緒、二藤隆春、中冨 浩文、遠藤佐知子、芳賀信彦: チューブ発声法による即時的効果が得られた混合性の運動障害性構音障害の一例. 第60回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 2015.10.15‐16, 愛知
粕谷大智: 医師のための鍼灸セミナー「現代医学的鍼灸」腰痛. 第66回日本東洋医学学術集会, 2015.6.10-13, 富山
粕谷大智: 難治・難病への挑戦 リウマチ・膠原病に対する鍼灸治療. 第64回全日本鍼灸学会学術集会, 2015.5.22-24, 福島
粕谷大智、荻野亜希子、近藤健二: 重度顔面神経麻痺患者に対する鍼治療の効果-FaCE scaleを用いて-. 第38回日本顔面神経学会, 2015.6.11-12, 東京
粕谷大智、篠田祐介、松平浩、芳賀信彦: 慢性腰痛の表面筋電図の特徴と心理社会的要因の関係. 第23回日本腰痛学会, 2015.11.14-15, 東京
粕谷大智、平山暁、山口智、桜庭陽、中野国枝: 座談会-透析治療&腎症への鍼灸の役割-. 鍼灸osaka, 2015.9.21, 東京
粕谷大智、美根大介、小糸康治、杉田正道: 高度麻痺患者に対するQOLを指標とした鍼治療の効果(第3報), 2015.5.22-24, 福島
粕谷大智: 関節リウマチに対する鍼灸医学の成果と今後の展望. 第80回日本温泉気候物理医学会学術集会, 2015.6.20-21, 軽井沢
兼岡麻子、Pisegna JM、Gintas K、二藤隆春、LaValley MP、Langmore ES: 内視鏡を用いた喉頭感覚検査における触刺激の強度と反応に関する検討. 第21回摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015.9.11-12, 京都
株元麻美、清水希実子、矢島明佳、江口聡、管心. 通過型デイケアにおける就学支援―東大デイホスピタルの実践から―. 第23回日本精神障害者リハビリテーション学会, 2015.12.3-5, 高知
小内仁子、荻野亜希子、高柳理瀬、平田暢子、井上瞬、都筑澄夫、渡嘉敷亮二: 当院における吃音患者の不安検査結果. 第60回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 2015.10.15‐16, 愛知
小嶋俊久、石川肇、西田圭一郎、橋本淳、宮原寿明、田中栄、芳賀信彦、小嶋雅代、二木康夫、石黒直樹: 多関節障害RA患者の下肢機能評価-患者主観評価と客観的評価Time Up and Goに注目して-RA多関節障害克服のための前向き多施設共同研究baseline解析. 第88回日本整形外科学会学術総会, 2015.5.21-24, 神戸
小谷博史、井口はるひ、吉川二葉、正田奈緒子、真野浩志、藤原清香、中原康雄、篠田裕介、北村依理、戸倉直実、猪岡保裕、芳賀信彦:血液透析患者のリハビリテーションの効果に影響を及ぼす因子の検討. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
小武方希穂子、波多野将、高山直子、遠藤美代子、小久江伸介、萩原瑞希、天尾理恵、柏公一、絹川弘一郎、小野稔、小室一成:Stage D心不全患者診療におけるハートチームとしての取り組み. 第20回日本心不全学会学術集会, 2015.10.22-24, 大阪
佐藤広之、芳賀信彦:ロコチェックを用いた高齢グラウンド・ゴルフプレーヤーの身体機能評価の試み. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
篠田裕介、澤田良子、大木孝裕、小林寛、平井利英、池上政周、五嶋孝博、田中栄、芳賀信彦、河野博隆: 整形外科の早期介入は骨転移患者のSRE発生を抑制するか. 第88回日本整形外科学会学術総会, 2015.5.21-24, 神戸
篠田裕介、澤田良子、中原康雄、藤原清香、正田奈緒子、吉川二葉、井口はるひ、真野浩志、野村恵、小谷博史、田中栄、河野博隆、芳賀信彦: 骨転移キャンサーボード早期介入により骨関連事象の発生は抑制されるか. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
篠田裕介、澤田良子、大木孝裕、小林寛、岩瀬哲、金井良晃、住谷昌彦、芳賀信彦、河野博隆:骨転移患者に対する骨転移キャンサーボード早期介入の意義. 第20回日本緩和医療学会学術大会, 2015.6.18-20, 横浜
篠田裕介、澤田良子、吉田俊太郎、小林寛、大木孝裕、成田明子、太田弓子、神宝隆行、平井利英、池上政周、五嶋孝博、芳賀信彦、小池和彦、田中栄、河野博隆: 大腸癌骨転移のスクリーニングではMRIやPETを併用すべきである. 第48回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2015.7.9-10, 高松
篠田裕介、澤田良子、大木孝裕、小林寛、大隈知威、池上政周、平井利英、五嶋孝博、金井良晃、住谷昌彦、岩瀬哲、田中栄、芳賀信彦、河野博隆: 骨転移キャンサーボードがSRE発生に及ぼす効果. 第53回日本癌治療学会学術集会, 2015.10.29-31, 京都
柴田晃希、芳賀信彦、藤原清香、真野浩志、奈良篤史: 先天性尺骨形成不全患者が16歳で義手の装着を希望した理由と装着意義. 第22回日本義肢装具士協会学術大会, 2015.6.27, 東京
柴田晃希、藤原清香、真野浩志、野口智子、矢吹さゆみ、越前谷務、芳賀信彦: 両肩義手の適合を行った両上肢のterminal transverse ameliaの小児の一症例.第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015.11.7-8, 横浜
鈴木芙紗、遠藤美代子、割田陽子、安池亜矢子、本田京子、進藤考洋、天尾理恵、平田康隆、小野稔:渡航移植へ向けた学童児と家族への看護介入 -多職種と連携した取り組み-. 第20回日本心不全学会学術集会, 2015.10.22-24, 大阪
高橋雅人: ライブ・カンファレンス〜骨転移例に対するリハビリテーション:下肢〜.第4回日本がんリハビリテーション研究会, 2015.1.10, 東京
高橋雅人: 大学病院における骨転移キャンサーボードの紹介. 第20回日本緩和医療学術大会, 2015.6.19, 横浜
高見沢圭一、山口正貴、後藤美和、横田一彦、小林里美、原慶宏、芳賀信彦:慢性非特異的腰痛患者におけるストレッチングと姿勢指導の効果. 第37回国立大学リハビリテーション療法士学術大会, 2015.10.31, 東京
田中太郎、髙橋雅人、大谷隼一、谷口優樹:脊髄腫瘍切除術後髄液漏による硬膜下水腫を生じた1 例. 第50回日本理学療法学術大会, 2015.6.5-7, 東京
田中弘志、瀬下崇、阿南揚子、田啓樹、武井聖良、山本和華、伊藤順一、芳賀信彦:先天性無痛無汗症に伴う踵骨骨折の治療経験. 第25回関東小児整形外科研究会, 2015.2.7, 東京
田屋雅信、網谷英介、横田一彦、中山敦子、波多野将、渡辺昌文、絹川弘一郎、小室一成、芳賀信彦: 重症心不全患者に対するインターバルトレーニングの安全性と骨格筋機能への効果について. 第79日本循環器学会学術集会, 2015.4.24-26, 大阪
田屋雅信、網谷英介、波多野将、横田一彦、今村輝彦、牧尚孝、新田大介、中山敦子、渡辺昌文、絹川弘一郎、小室一成、芳賀信彦:カテコラミン依存性の重症心不全患者に対する運動療法の影響について. 第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2015.7.18-19, 福岡
千島亮、奈良 篤史、野口 智子、大谷 真: 複数に音像定位させた弁別選択音によるP300型脳波応用支援システム開発に向けた検討. 第49回日本作業療法学会, 2015.6.19-21, 神戸
田啓樹、田中弘志、阿南揚子、瀬下崇、伊藤順一、小崎慶介、芳賀信彦: 先天性無痛無汗症患者の現状と保存的治療の取り組み. 第26回日本小児整形外科学会学術大会, 2015.12.4-5, 岐阜
中原康雄、吉川二葉、正田奈緒子、藤原清香、野村恵、小谷博史、真野浩志、井口はるひ、四津有人、野口周一、篠田裕介、芳賀信彦: 進行性骨化性線維異形成症患者におけるADL・QOLの経時的評価.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
中平有、伊藤智絵、小林実桜、高橋雅人、篠田裕介:肺尖部腺癌の胸髄直接浸潤により対麻痺を呈した症例~在宅を視野に入れたリハアプローチ~. 第7回JKがんリハビリフォーラム, 2015.3.7, 東京
西岡琴江、篠田裕介、多田敬一郎、澤田良子、小林寛、大木孝裕、芳賀信彦、田中栄、瀬戸泰之、河野博隆: 骨転移キャンサーボードが乳癌骨転移患者の予後改善に果たす役割. 第48回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2015.7.9-10, 高松
野口智子、藤原清香、柴田晃希、奈良篤史、越前谷務、矢吹さゆみ、真野浩志、芳賀信彦:小児の初回義手の導入と筋電義手への移行にあたっての工夫. 第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015.11.7-8, 横浜
野村恵、中原康雄、井口はるひ、藤原清香、正田奈緒子、真野浩志、篠田裕介、芳賀信彦:義足処方が機能維持に有効であった超高齢大腿切断患者の報告 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
芳賀信彦: 歩行のバイオメカニクスと糖尿病患者の歩行. 第13回日本フットケア学会年次学術集会(ワークショップ「糖尿病足潰瘍リハビリテーション―潰瘍予防から切断後のリハビリテーションまで」), 2015.2.15, 東京
芳賀信彦: 成人骨系統疾患患者の診療から学ぶこと. 第88回日本整形外科学会学術総会(パネルディスカッション「骨系統疾患の現状と展望(研究、診断、そして治療」), 2015.5.21-24, 神戸藤原清香、真野浩志、滝川一晴、志賀末紘、芳賀信彦: 先天性腓骨形成不全の足部変形の長期経過からみた装具治療. 第30回日本義肢装具学会学術大会, 2014.10.18-19, 岡山
長谷川真人、芳賀信彦、横田一彦、中原康雄、藤原清香、山海嘉之:急性期病院でのロボットリハビリテーションの状況. 第6回日本ニューロリハビリテーション学会学術集会, 2015.2.21, 秋田
長谷川真人、横田一彦、芳賀信彦:急性期緩和ケアでの動作能力指標の検討. 第20回日本緩和医療学会学術大会, 2015.6.18-20, 横浜
平田暢子、小内仁子、高柳理瀬、荻野亜希子、井上瞬、渡嘉敷亮二: 当院受診の機能性発声障害患者における心理傾向. 第60回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 2015.10.15‐16, 愛知
藤原清香、真野浩志、井口はるひ、野村恵、小谷博史、吉川二葉、正田奈緒子、中原康雄、篠田裕介、芳賀信彦:先天性上肢切断児への作業用義手の使用経験. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
藤原清香、野口智子、柴田晃希、越前谷務、矢吹さゆみ、真野浩志、芳賀信彦:片側の上肢形成不全・欠損小児の成長と作業に適した義手パーツの紹介と課題.第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015.11.7-8, 横浜
藤原清香、野口智子、奈良篤史、柴田晃希、越前谷務、真野浩志、岡田慶太、芳賀信彦:先天性片側上肢形成不全児の義手の適応についての検討. 第26回日本小児整形外科学会学術大会, 2015.12.4-5, 岐阜
松永明子、吉田美香子、藤村哲也、緒方直史、篠田裕介、新美文彩、亀井潤、相澤直樹、真田弘美、芳賀信彦、井川靖彦、本間之夫:女性骨盤底障害患者に対する短期集中骨盤底筋訓練プログラムの成績. 第22回日本排尿機能学会, 2015.9.9-11, 札幌
松永明子、吉田美香子、横田一彦、亀井潤、新美文彩、相澤直樹、藤村哲也、篠田裕介、芳賀信彦、井川靖彦、本間之夫:短期集中骨盤底筋訓練プログラムに対して抵抗性を示す女性腹圧性尿失禁患者の特徴解析. 第37回国立大学リハビリテーション療法士学術大会, 2015.10.31, 東京
真野浩志、藤原清香、井口はるひ、野村恵、小谷博史、吉川二葉、正田奈緒子、中原康雄、篠田裕介、芳賀信彦:3Dスキャナによる幼児の上肢計測の検討. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
真野浩志、藤原清香、野口智子、奈良篤史、柴田晃希、越前谷務、矢吹さゆみ、芳賀信彦:小児の上肢切断者・義手使用者における、Vineland II適応行動尺度を用いた評価の有用性. 第31回日本義肢装具学会学術大会, 2015.11.7-8, 横浜
森鮎美、上羽瑠実、横山明子、井口はるひ、荻野亜希子、七里朋子、二藤隆春、山岨達也: 「とろみの3段階」による適切なとろみ付加が摂食状況に与える影響に関する検討. 第21回摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015.9.11-12, 京都
矢島明佳、清水希実子、江口聡、竹下保稔、伊藤哲司、石橋明美、管心: SSTでのビデオフィードバックの活用-東大デイホスピタルの実践から-. 第20回SST普及集会, 2015.11.27-28, 大阪
柳原歌代子、内田智士、矢野文子、芳賀信彦、片岡一則、位髙啓史: 軟骨無形成症の根治を目指す遺伝子治療法の開発. 第31回日本DSS学会学術集会, 2015.7.2-3, 東京
矢吹さゆみ、小崎慶介、中村純人、芳賀信彦、藤原清香、真野浩志:後天性両前腕切断に対して能動義手を処方した幼児の1例. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
山本彩乃、松尾真吾、宮崎学、深谷泰山、土田和可子、鈴木重行、岩田全広:ダイナミック・ストレッチングが柔軟性に及ぼす即時的効果と効果持続時間について. 第70回日本体力医学会大会, 2015.9.18-20, 和歌山
横山明子、上羽瑠実、櫛木彩香、荻野亜希子、七里朋子、井口はるひ、二藤隆春、若尾邦江: 「経腸栄養財に対するとろみ調整食品の試用に関して―医療従事者の認識と年度測定結果との比較. 第21回摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015.9.11-12, 京都
吉川二葉、正田奈緒子、藤原清香、篠田裕介、中原康雄、田中栄、芳賀信彦:THA・THAを受けた関節リウマチ患者における術後半年、一年の総合関節機能変化とADL・QOLの評価. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟
吉田俊太郎、篠田裕介、成田明子、太田弓子、神宝隆行、澤田良子、大木孝裕、小林寛、芳賀信彦、小池和彦、田中栄、河野博隆: 骨転移キャンサーボードが大腸癌骨転移患者の予後改善に果たす役割. 第48回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2015.7.9-10, 高松
四津有人、芳賀信彦、中原康雄:処女歩行の歩行分析. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2015.5.28-30, 新潟

このページのトップへ

Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.