HOME
研究業績(2016年)
2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006

リハビリテーション部・科の最近の研究業績をご紹介します。 2016年1~12月 業績
原著論文・症例報告
Amao R, Imamura T, Nakahara Y, Kinoshita O, Yamauchi H, Ono M, Haga N: Reversible motor paralysis and early cardiac rehabilitation in patients with advanced heart failure receiving left ventricular assist device therapy. Int Heart J 57(6): 766-768, 2016
Amao R, Imamura T, Sawada Y, Endo S, Ozaki S, Okamura K, Masuzawa A, Takaoka T, Hirata Y, Shindo T, Ono M, Haga N: Experiences with Aggressive Cardiac Rehabilitation in Pediatric Patients Receiving Mechanical Circulatory Supports. Int Heart J 57(6): 769-772, 2016
Goto M, Haga N, Yokota K,Takamizawa K, Takedani H: A successful physiotherapy management case of a patient with acquired hemophilia A prior to factor VIII inhibitor eradication. Haemophilia 22(3): e228-231, 2016
Goto M, Takedani H, Yokota K, Haga N: Strategies to encourage physical activity in patients with hemophilia to improve quality of life. J Blood Med 7: 85-98, 2016
Hasegawa S, Nishimura G, Victoria T, Zackai E, Kayserili H, Haga N, Nakashima Y, Miyazaki O, Kitoh H: Characteristic calcaneal ossification: an additional early radiographic finding in infants with fibrodysplasia ossificans progressiva. Pediatric Radiology 46(11): 1568-1572, 2016
Iwashiro S, Koike S, Satomura Y, Suga M, Nagai T, Natsubori T, Tada M, Gonoi W, Takizawa R, Kunimatsu A, Yamasue H, Kasai K: Association between impaired brain activity and volume at the sub-region of Broca's area in ultra-high risk and first-episode schizophrenia: a multi-modal neuroimaging study. Schizophr Res 172(1-3): 9-15, 2016
Iwata S, Uehara K, Ogura K, Akiyama T, Shinoda Y, Yonemoto T, Kawai A: Reliability and validity of a Japanese-language and culturally adapted version of the Musculoskeletal Tumor Society scoring system for the lower extremity. Clin Orthop Relat Res 474(9): 2044-2052, 2016.9
Kaneoka A, Pisegna JM, Saito H, Lo M, Felling K, Haga N, LaValley PM, Langmore SE: A systematic review and meta-analysis of pneumonia associated with thin liquid vs. thickened liquid intake in patients who aspirate. Clin Rehabil. Epub ahead of print. 2016.11
Kinoshita Y, Arai M, Ito N, Takashi Y, Makita N, Nangaku M, Shinoda Y, Fukumoto S: High serum ALP level is associated with increased risk of denosumab-related hypocalcemia in patients with bone metastases from solid tumors. Endocr J 63(5): 479-84, 2016
Nakahara Y, Yasunaga H, Inokuchi H, Ogata N, Horiguchi H, Matsuda S, Fushimi K, Haga N: Mortality-reducing effect of rehabilitation for COPD: observational propensity-matched cohort study using a Nationwide Database. Respir Care 61(11): 1497-1504, 2016
Nishimura G, Nakajima M, Takikawa K, Haga N, Ikegawa S: Distinctive skeletal phenotype in high bone mass osteogenesis imperfecta due to a COL1A2 cleavage site mutation.Am J Med Genet A 170(8): 2212-2214, 2016
Nishimura Y, Kawakubo Y, Suga M, Hashimoto K, Takei Y, Takei K, Inoue H, Yumoto M, Takizawa R, Kasai K: Familial influences on mismatch negativity and its association with plasma glutamate level: a magnetoencephalographic study in twins. Mol Neuropsychiatry 2: 161–172, 2016
Ohki T, Ushiku T, Shinoda Y, Kobayashi H: Necrotic lipoma at the posterior thigh mimicking liposarcoma. BMJ Case Rep 2016 Jan 27, 2016
Suga M, Nishimura Y, Kawakubo Y, Yumoto M, Kasai K: Magnetoencephalographic recording of auditory mismatch negativity in response to duration and frequency deviants in a single session in patients with schizophrenia. Psychiatry Clin Neurosci 70(7): 295-302, 2016
天尾理恵、縄田寛 、木下修、札琢磨、佐伯聡美、絹川弘一郎、許俊鋭、小野稔、芳賀信彦: BiVADからの離脱に至った小児のリハビリテーション経験. 日本心臓リハビリテーション学会誌 21(1,2,3): 104-109, 2016
上羽瑠美、後藤多嘉緒、清水裕也、佐藤拓、横山明子、兼岡麻子、荻野亜希子、七里朋子、井口はるひ、泉綾子、二藤隆春、山岨達也: 物性の違いと加齢が喉頭挙上遅延時間と下咽頭通過時間に与える影響の検討:3段階のとろみと液体,ゼリーでの比較. 嚥下医学 5(2): 126-243, 2016
小倉浩一、上原浩介、秋山達、税田和夫、岩田慎太郎、米本司、篠田裕介、河野博隆、渡辺典子、朴文華、川井章: 日本語版Toronto Extremity Salvage Score下肢の開発 言語的妥当性を担保した翻訳版の作成. 整形外科 67(3): 223-227, 2016.3
小倉洋子: 不妊(症)に対する鍼灸治療の実際~子宮内膜厚の肥厚に抵抗を示す症例報告を中心に~. 現代鍼灸学 16(1): 51-55, 2016.11
粕谷大智: 関節リウマチ患者の実態(患者の声)からみた鍼灸師の役割と課題. 医道の日本 74(4): 82-86, 2016.2
兼岡麻子: A broader view - 広い視野でみるリハビリテーションの臨床研究. 新潟リハビリテーション大学研究紀要 5: 89-92, 2016.12
篠原義和、安樂真樹、齋藤範之、福元健人、小林寛、篠田裕介、筑田博隆、中島淳: 手術の工夫 前方・後方アプローチ併用による椎体浸潤を伴う右第2肋骨原発肺尖部軟骨肉腫. 胸部外科 69(6): 433-437, 2016.6
高見沢圭一、横田一彦、後藤美和、山口正貴、長谷川真人、芳賀信彦: BNPを指標として運動負荷と身体活動管理を行った完全大血管転位I型による重症成人心不全の1例. 理学療法ジャーナル 50(2): 229-234, 2016.2
高見沢圭一、山口正貴、後藤美和、横田一彦、小林里美、原慶宏、芳賀信彦:慢性非特異的腰痛患者におけるストレッチングと姿勢指導の効果-自然経過と介入効果の検討-. 第37回国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌: 143-150, 2016.3
松永明子、吉田美香子、横田一彦、亀井潤、新美文彩、相澤直樹、藤村哲也、篠田裕介、芳賀信彦、井川靖彦、本間之夫:短期集中骨盤底筋訓練プログラムに対して抵抗性を示す女性腹圧性尿失禁患者の特徴解析. 第37回国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌:71-75, 2016.3
山口正貴、高見沢圭一、原慶宏、後藤美和、横田一彦、芳賀信彦: 慢性の非特異性腰痛患者に対するMcKenzie法にストレッチング,その両方の介入効果-単盲検準ランダム化比較試験. 理学療法学 43(4): 305-314, 2016.8
横山明子、上羽瑠美、岡田美紀、井口はるひ、兼岡麻子、荻野亜希子、七里朋子、二藤隆春、若尾邦江: とろみに関するパンフレットを用いた指導の患者への影響の検証と今後の対策. 日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌 20(3): 140-148, 2016

このページのトップへ
総説・解説
Goto M, Takedani H, Yokota K, Haga N: Strategies to encourage physical activity in patients with hemophilia to improve quality of life. J Blood Med 7: 85-98, 2016
天尾理恵: 心臓外科手術を受ける患者のリハビリテーションに関する困難事例. 循環器ナーシング 6(8)(特集: 事例から学ぶ!心臓外科手術後の術後管理): 36−44, 2016.8
天尾理恵: 【理学療法士の役割】療養期間をQOL高く過ごすために. Clinical Engineering 27(11)(特集1: 補助人工心臓装着患者の予後を支えるチーム医療): 910-916, 2016.11
井口はるひ、芳賀信彦: 神経筋疾患における嚥下障害と摂食嚥下リハビリテーションの実際. Jpn J Rehabil Med 53(7)(神経筋疾患のリハビリテーション-up to date-): 544-550, 2016.7
粕谷大智: 鍼灸医学の今後の展望~関節リウマチに対する鍼灸治療~. 日温気 79(1): 34-35, 2016.2
粕谷大智: アレルギー・免疫疾患と東洋医学. アレルギー・免疫 23(3): 412-419, 2016.3
後藤美和: 急性出血時のリハビリテーションについて教えてください(RICE)(一般血液内科医向けQ&A). Frontiers in Haemophilia 3(2): 89-90, 2016.9
小林実桜、奈良篤史: 補助人工心臓(ventricular assist device:VAD)を使用する方への作業療法 当院での取り組み紹介(解説/特集). 作業療法ジャーナル 50(3)(特集:内部障害への作業療法-リスク管理に留意して): 245-246, 2016.3
篠田裕介: 骨関連事象に対する補装具療法. Journal of Clinical Rehabilitation 25(2) (特集:転移性骨腫瘍のリハビリテーション): 140-148, 2016.2
篠田裕介: 転移性脊椎腫瘍のリハビリテーション. 関節外科 35(4) (特集:転移性脊椎腫瘍の治療戦略): 424-433, 2016.4
篠田裕介: 骨転移診療におけるキャンサーボードの役割. 臨床整形外科 5(5): 443-450, 2016.5
篠田裕介: 骨転移の治療とリハビリテーション. 運動器リハビリテーション 27(3) (特集:がん診療における運動器リハビリテーション): 276-284, 2016
芳賀信彦: 歩行解析. Clinical Neuroscience 34(1)(特集:臨床神経生理で何がわかる?:小脳): 113-115, 2016.1
芳賀信彦: 脳性麻痺の現状と歩行機能に対する治療. 総合リハ 44(2): 95-98, 2016.2
芳賀信彦: 四肢形成不全に対する集学的治療-成人後を見据えた小児リハビリテーション-. 第37回国立大学リハビリテーション療法士学術大会誌 37: 3-6, 2016.3
芳賀信彦: 新専門医制度(1)新専門医制度の概要と研修プログラム. Jpn J Rehabil Med 53(3): 253-255, 2016.3
芳賀信彦: リハビリテーション. 関節外科 35(4)(増刊号、特集:新専門医制度に備えた必履修分野の教え方・学び方): 153-157, 2016.4
芳賀信彦: 新専門医制度(2)専門医資格の取得と更新. Jpn J Rehabil Med 53(4): 337-338, 2016.4
芳賀信彦: 骨系統疾患のリハビリテーション(特集:小児リハビリテーション-その歴史と各疾患への対応,未来への展望について-. Jpn J Rehabil Med 53(5): 374-378, 2016.5
芳賀信彦: 先天性無痛無汗症の病態と管理. 新薬と臨牀 65(8): 77-80, 2016.8
芳賀信彦: リハビリテーション科研修プログラムとの兼ね合い(特集:整形外科の新専門医制度). 整・災外 59(10): 1339-1343, 2016.9
芳賀信彦: ロコモティブシンドローム予防-運動療法を中心に-(特集:ロコモティブシンドローム・運動器疾患のリハビリテーション-up to date-. Jpn J Rehabil Med 53(12): 900-902, 2016.12
藤枝由美子、清水希実子、石橋綾、矢島明佳、管心: 精神科リハビリテーションの変遷と現状―東大デイホスピタルの実践―. 総合リハ44(11): 957-962, 2016
松永明子: 排尿自立指導の病棟での進め方. エキスパートナース32(11): 114-117, 2016.9
横田一彦: 病期別理学療法の歴史,急性期理学療法. 理学療法ジャーナル 50(1): 89-92, 2016.1
四津有人:【問診からアプローチする】手足が痛い. チャイルドヘルス 19: 661-663, 2016.9

このページのトップへ
著書・翻訳
天尾理恵:心不全患者に寄り添う包括的心臓リハビリテーションを極める.Ⅲさまざまな心不全の病態に対する心臓リハビリテーション.補助人工心臓植込み後、心臓移植後(絹川真太郎、編集).文光堂、東京、106-112、2016.3
梅﨑成子: 大学病院におけるがんの作業療法の実際と緩和ケアチームとのかかわり. 終末期リハビリテーションの臨床アプローチ(安部能成編集):メジカルビュー社、東京、71-82、2016.9
粕谷大智: 腰痛に対する鍼灸~運動器と脳のdysfunctionを意識した治療. 卒後鍼灸手技研究会設立10周年記念誌:卒後鍼灸手技研究会. 39-45, 2016.4
篠田裕介:肩痛、腰痛.臨床につながる整形外科学、(芳賀信彦、編)、医歯薬出版、東京、96-105, 106-117、2016.3
篠田裕介: 骨転移とは、骨転移診療の基本戦略、骨転移患者の診察、薬物療法-①骨修飾薬、骨転移患者のリハビリテーション、骨転移に対する装具療法、東京大学病院骨転移キャンサーボード、症例紹介、コラム;姑息的治療とは. 運動器マネジメントが患者の生活を変える!がんの骨転移ナビ、(岩瀬哲、河野博隆、篠田裕介、編)、医学書院、東京、68-83, 110-114, 156, 225-230, 240-246, 270-287、2016.7
管心: :成人に対する精神保健福祉サービス、公認心理師必携―精神医療・臨床心理の知識と技法、医学書院、東京、149-151、2016
高橋雅人: がん診療における運動器リハビリテーションの実践~リハビリでADL・QOLを改善する~B骨転移患者のリハビリテーション.C骨転移患者のリハビリテーションの実際. 運動器マネジメントが患者の生活を変える!がんの骨転移ナビ、(岩瀬哲、河野博隆、篠田裕介、編).医学書院、東京、225-239、2016.7
田屋雅信、高橋哲也: 筋をどのようにトレーニングすればよいのか?―レジスタンストレーニングの実際とその効果―.実践EBM心臓リハビリテーション エビデンス診療ギャップとその対応(松尾善美、上嶋健治、編)、文光堂、東京、107-118、2016.5
田屋雅信、高橋哲也: 亜急性心筋梗塞に伴う心不全の増悪をきたした高齢症例.リアルフィジカルアセスメント リハ臨床のためのケーススタディ(星孝、編)、文光堂、東京、54-60、2016.8
田屋雅信: 有酸素運動のQ&A.理学療法NAVIシリーズ 臨床思考が身につく 運動療法Q&A(高橋哲也、編)、医学書院、東京、165-180.2016.9
芳賀信彦: 大腿骨近位部骨折、下腿骨骨折、足関節の外傷、膝前十字靱帯損傷、末梢神経損傷、四肢切断、変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リウマチ、脊髄損傷.臨床につながる整形外科学、(芳賀信彦、編)、医歯薬出版、東京、2-15, 16-25, 26-34, 36-42, 44-51, 52-61, 62-72, 74-85, 86-95, 128-138、2016.3
芳賀信彦: 二分脊椎.最新リハビリテーション医学、第3版(江藤文夫、里宇明元、監修、安保雅博、上月正博、芳賀信彦、編集)、医歯薬出版、東京、412-415、2016.3
芳賀信彦: 早期発見・治療が重要な疾患と異常.月刊母子保健、第684号、財団法人母子衛生研究会、東京、4-5、2016.4
藤原清香、芳賀信彦: 四肢形成不全.はげみ、2016/4・5(第367号)、社会福祉法人日本肢体不自由児協会、東京、36-41、2016.4.10
芳賀信彦: 二分脊椎.リハビリテーションにおける評価、Ver.3(上月正博、正門由久、吉永勝訓、編)、医歯薬出版、東京、298-302、2016.4
芳賀信彦: 骨系統疾患の臨床診断、骨系統疾患国際命名・分類2010、Pyle病、温熱・冷熱療法の考え方と処方、上肢装具.今日の整形外科治療指針、第7版(土屋弘行、紺野慎一、田中康仁、田中栄、松田秀一、編集)、医学書院、東京、220-222、222-225、255-256、331-332、338-339、2016.5
芳賀信彦: リハビリテーションの実際と効果、生活と社会参加.水頭症・二分脊椎必携(松本悟、監修、山内康雄、長嶋達也、編集)、公益財団法人日本二分脊椎・水頭症研究振興財団、神戸、135-141、2016.5
芳賀信彦、四津有人: 体性感覚障害に伴う運動障害とリハビリテーション.臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション(平澤泰介、椿原彰夫、才藤栄一、水間正澄、編集主幹)、先端医療技術研究所、東京、51-53、2016.9
芳賀信彦: FGFR3異常症(軟骨無形成症、軟骨低形成症、タナトフォリック骨異形成症), II型コラーゲン異常症(先天性脊椎骨端異形成症、Kniest骨異形成症、Stickler症候群1型).小児整形外科テキスト、第2版(日本小児整形外科学会、監修)、メジカルビュー社、東京、246-251, 262-265、2016.12
芳賀信彦: リハビリテーション.新体系看護学全書別巻-治療法概説、第3版(柴輝男、安原洋、編)、メジカルフレンド社、東京、113-131、2016.12
三神敬弘: 病院内の医療安全(リハビリテーション部門). 医療安全管理実務者標準テキスト、第1版(日本臨床医学リスクマネジメント学会、監修)、へるす出版、東京、151-158、2016.8
山口正貴: 腰部脊柱管狭窄症の運動療法.運動療法学、各論、第4版、標準理学療法学 専門分野(奈良 勲、監修)、医学書院、東京、202-217、2016.12

このページのトップへ
学会・研究会発表
Fujiwara S, Noguchi S, Shibata T, Nara A, Mano H, Yoshikawa M, Ohnishi K, Haga N: Multidisciplinary approach to children with congenital upper extremity deficiency. 10th ISPRM World Congress , 2016.5.29-6.2, Kuaka Lumpur
Haga N: Introduction to C02 Project: Rehabilitation for postural/movement impairments using sensory intervention. The 1st International Symposium on Embodied-Brain System Science (EmboSS 2016) , 2016.5.8-9, Tokyo
Haga N, Fujiwara S, Mano H, Okada K, Tanaka H, Shibata T: Delayed amputation and prosthetic fitting in patients with congenital tibial deficiency. 10th ISPRM World Congress , 2016.5.29-6.2, Kuaka Lumpur
Inokuchi H, Tojima M, Mano H, Ishikawa Y, Yoshikawa F, Yozu A, Fujiwara S, Nakahara Y, Ohya J, Chikuda T, Shinoda Y, Ogata N, Haga N: Pre- and post-operative cervical range of motion in patients with cervical myelopathy measured by three-dimensional motion analysis system. 10th ISPRM World Congress , 2016.5.29-6.2, Kuaka Lumpur
Inokuchi H, Ogino A, Shichiri T, Kaneoka A, Ueha R, Nito T, Haga N: Survey for dysphagia after cervical spine surgery. The 22nd Annual Meeting of the Japanese Society of Dysphasia Rehabilitation,2016.9.23-24,Niigata
Kaneoka A, Pisegna JM, Saito H, Lo M, Felling K, Haga N, LaValley PM, Langmore SE: Adverse events associated with intake of thin liquids versus thick liquids in patients who aspirate: a systematic review and meta-analysis. The 24th Dysphagia Research Society Annual Meeting, 2016.2.25-28, Tucson(Arizona)
Kaneoka A: A systematic review and meta-analysis of pneumonia associated with thin liquid versus thickened liquid intake in patients who aspirate. The 22nd Annual Meeting of Japanese Society for Dysphagia Rehabilitation, 2016.9.23-24, Niigata
Kaneoka A, Pisegna JM, Inokuchi H, Ueha R, Goto T, Shimizu Y, Nito T, Haga N, LaValley PM, Langmore SE: The association between laryngeal sensory deficits, aspiration, and pneumonia in patients with dysphagia. The 6th European Society for Swallowing Disorders Annual Meeting, 2016.10.13-15, Milan(Italy)
Kojima T, Ishikawa H, Nishida K, Tanaka S, Haga N, Yukioka M, Miyahara T, Hashimoto J, Kimura T, Oda H, Niki Y, Liu M, Kojima M, Ishiguro N: Characteristics of functional impairment in patients with long-standing rheumatoid arthritis based on range of motion of joints: multicenter prospective cohort study for evaluation of joint surgery on physical function. EULAR 2016, 2016.6.8-11, London
Noguchi S, Fujiwara S, Shibata T, Yoshikawa M, Haga N: Finch, a 3D printed prosthetic hand, to a patient with bilateral upper-limb deficiency, Trent International Prosthetic Symposium, 2016.9.28-30, Glasgow
Pisegna JM, Kaneoka A,Langmore SE: Danger zones: rating residue in 3 zones to identify those at risk for aspiration on fees. The 24th Dysphagia Research Society Annual Meeting, 2016.2.25-28, Tucson(Arizona)
Pisegna JM, Kaneoka A,Borders JC, Langmore SE: Clinician ratings of residue on fees: years of experience does not affect ratings. The 6th European Society for Swallowing Disorders Annual Meeting, 2016.10.13-15, Milan(Italy)
Shinoda Y, Sawada R, Yoshikawa F, Kobayashi H, Tanaka S, Kawano H, Haga N: Multidisciplinary team approach to the patients with pelvic metastases: analyses of 46 patients. The 11th Meeting of APMSTS, 2016.4.21-23, Singapore
Shinoda Y, Sawada R, Yoshikawa F, Kobayashi H, Tanaka S, Kawano H, Haga N: Multidisciplinary team approach to the patients with pelvic metastases: analyses of 46 patients. 10th ISPRM World Congress , 2016.5.29-6.2, Kuaka Lumpur
Tanaka H, Tamura M, Takahashi C, Isojima T, Haga N, Oka A, Kitanaka S: Analysis of COL10A1 gene is useful to detect metaphyseal chondrodysplasia Schmid type for the differential diagnosis of bow-legs. The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society, 2016.11.17-20, Tokyo
Togo H, Rokicki J, Murata M, Haga N, Hanakawa T: Effects of distortion correction on resting state functional connectivity in Parkinson’s disease. The 1st International Symposium on Embodied-Brain System Science (EmboSS 2016) , 2016.5.8-9, Tokyo
Togo H, Rokicki J, Murata M, Haga N, Hanakawa T: Effects of dopaminergic medication on resting-state functional connectivity in Parkinson’s disease. Neuroscience 2016 (Science for Neuroscience’s 46th Annual Meeting), 2016.11.12-16, San Diego
天尾理恵、山口正貴、藤堂太右、野口智子、古賀早也香、柏公一、木村光利、木下修、縄田寛、平田康隆、今村輝彦、波多野将、加賀美幸江、根本真理子、遠藤美代子、小野稔、芳賀信彦: VAD患者の身辺機器取り扱い判断の指標の検討〜RAVEN色彩マトリックス評価は有効か〜. 第44回人工心臓と補助循環懇話会学会, 2016.3.4-5, 宮城
天尾理恵、山口正貴、安井健、横田一彦、縄田寛、木村光利、木下修、波多野将、絹川弘一郎、小野稔、芳賀信彦: 植込型補助人工心臓装着患者の運動能力の推移~術前から術後自宅退院後12ヶ月までの経過~. 第80回日本循環器学会学術集会, 2016.3.18-20, 仙台
天尾理恵、木下修、山内治雄、牧尚孝、今村輝彦、波多野将、小室一成、小野稔、芳賀信彦: 肺高血圧症に伴い長期ECMO装着となった患者の歩行リハビリテーション経験. 第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016.7.16−17, 東京
天尾理恵、平田康隆、尾崎晋一、益澤明広、高岡哲弘、進藤考洋、根本真理子、加賀美幸江、遠藤美代子、小野稔、芳賀信彦: 心臓移植に至った幼児のリハビリテーション経験 ~移植後小児の介入ポイント~. 第52回日本移植学会総会, 2016.9.29-10.1, 東京
天尾理恵、山口正貴、藤堂太右、安井健、今村輝彦、波多野将、木村光利、木下修、縄田寛、根本真理子、加賀美幸江、遠藤美代子、小室一成、小野稔、芳賀信彦: VAD装着に至った重症心不全患者のリハビリテーションに求められること. 第20回日本心不全学会学術集会, 2016.10.7-9, 札幌
天尾理恵、中原康雄、尾崎晋一、岩瀬友幸、益澤明広、高岡哲弘、平田康隆、進藤孝洋、根本真理子、加賀美幸江、遠藤美代子、小野稔、芳賀信彦: 小児用体外設置型VAD(EXCOR Pediatric)を装着した患児5名のリハビリテーション経験. 第54回日本人工臓器学会大会, 2016.11.23-25, 米子
伊藤智絵、高橋雅人、篠田裕介、澤田良子、廣田真由美、福家昌子、山中玄、久保和美、山田佳史: 施設間環境調整により自宅外出が可能となった腎癌多発骨転移の一例. 第9回JKTリハビリテーションフォーラム, 2016.3.9, 東京
井口はるひ、真野浩志、篠田裕介、緒方直史、芳賀信彦: 三次元動作解析法を用いた変形性頚椎症患者の手術前後の頚部運動計測. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
井口はるひ、荻野亜希子、七里朋子、兼岡麻子、上羽瑠美、二藤隆春、芳賀信彦: 頚椎手術患者における嚥下障害の発生の原因調査. 第22回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術集会, 2016.9.23-24, 新潟
上柳菜摘、貫名智美、上羽瑠美、岡田美紀、荻野亜希子、鈴木樹美、森浩美: 嚥下調査票導入による看護師の摂食嚥下に関する知識や意識の変化. 第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会, 2016.9.23-24, 新潟
梅﨑成子、奈良篤史、芳賀信彦: 大学病院における入院神経膠腫患者に対する作業療法. 第50回日本作業療法学会学術大会, 2016.9.9, 札幌
江口聡、山崎修道、夏堀龍暢、吉原美沙紀、管心、笠井清登: 東京大学医学部附属病院におけるメタ認知訓練法の試み. 第11回日本統合失調症学会, 2016.03.25-26, 前橋
遠藤佐知子、山名隼人、中原康雄、芳賀信彦: 本邦の下肢切断術の疫学:DPCデータを用いた分析. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
遠藤聡、谷崇史、中原康雄、篠田裕介、芳賀信彦:救命救急センターにおける理学療法士専従化の臨床効果の検討. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
岡田慶太、藤原清香、真野浩史、芳賀信彦、田中栄:四肢形成不全外来における下肢形成不全症例の特徴について. 第27回日本小児整形外科学会学術集会, 2016.12.1-2, 仙台
荻野亜希子、小内仁子、平田暢子、都筑澄夫、渡嘉敷亮二、芳賀信彦: RASSによる吃音の改善過程で不安検査の得点改善を認めた成人吃音の一症例. 第61回日本音声言語医学会総会・学術講演会, 2016.11.3‐4, 横浜
柏 公一、古賀早也香、黒澤秀郎、高橋 舞、朝倉陽香、谷田勝志、久保 仁、加賀美幸江、根本真理子、遠藤美代子、天尾理恵、木下 修、木村光利、縄田 寛、張 京浩、小野 稔: 植込型補助人工心臓におけるポンプ停止事例に関する検証. 第54回日本人工臓器学会大会, 2016.11.23-25, 米子
粕谷大智: 糖尿病性神経障害に対する鍼灸(シンポジウム). 第43回現代医療鍼灸臨床研究会, 2016.4.29, 東京
粕谷大智、美根大介、小糸康治、小倉洋子: 顔面神経麻痺の後遺症に対する鍼灸. 第65回全日本鍼灸学会, 2016.6.9-10, 札幌
株元麻美、藤枝由美子、石橋綾、清水希実子、矢島明佳、飯田美恵、竹下保稔、管心. 就労準備プログラムによる効果―東大デイホスピタルの実践から―. 第24回日本精神障害者リハビリテーション学会, 2016.12.1, 長野
黒澤秀郎、柏公一、古賀早也香、天尾理恵、縄田寛、木村光利、木下修、張京浩、小野稔: 手技の習得が困難であると思われる高齢なDT患者に対する機器取り扱いのトレーニングについて -高次脳機能障害を伴った患者に対するトレーニングからの一考察-. 第4回DT研究会, 2016.11.24, 米子
小糸康治、美根大介、小倉洋子、杉田正道、粕谷大智: 線維筋痛症に対する鍼灸治療-プレガバリン離脱症状緩和に寄与できた1例. 第65回全日本鍼灸学会, 2016.6.9-10, 札幌
古賀早也香、柏公一、朝倉陽香、高橋舞、黒澤秀郎、谷田勝志、久保仁、張京浩、野口智子、天尾理恵、加賀美幸江、根本真理子、遠藤美代子、縄田寛、木下修、木村光利、小野稔: 高次脳機能障害を合併した植込型補助人工心臓装着患者に対して機器取扱いのトレーニングはどのように行うべきか?. 第44回人工心臓と補助循環懇話会学会, 2016.3.4-5, 宮城
小嶋俊久、石川肇、西田圭一郎、橋本淳、田中栄、芳賀信彦、宮原寿明、二木康夫、小嶋雅代、石黒直樹: RA患者の下肢人工関節手術における動作速度Time Up and Goの数値目標としての意義. 第60回日本リウマチ学会総会・学術集会, 2016.4.21-23, 横浜
後藤美和、芳賀信彦、竹谷英之: 血友病患者におけるスポーツの実施状況と出血合併症の現状. 第38回日本血栓止血学会学術集会, 2016.6.16-18, 奈良
後藤美和、芳賀信彦、竹谷英之: 血友病患者における国際標準化身体活動質問表(IPAQ)による身体活動量とその関連要因. 第38回日本血栓止血学会学術集会, 2016.6.16-18, 奈良
澤田欣吾、松岡潤、永井達哉、里村嘉弘、多田真理子、江口聡、市川絵梨子、下條千恵、管心、小池進介、笠井清登: 早期精神病に対する機能的アウトカムの予測における神経心理検査の有用性の検討. 第11回日本統合失調症学会, 2016.03.25-26, 前橋
澤田佑介、中原康雄、芳賀信彦: ICUに入院した市中肺炎患者に対する早期リハビリテーション介入の有効性についての検討. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
澤田良子、篠田裕介、吉川二葉、大木孝裕、池上政周、小林寛、中井陽介、伊佐山浩通、小池和彦、平井利英、石橋祐貴、大隈知威、五嶋孝博、芳賀信彦、河野博隆、田中栄: 肝内胆管癌骨転移の臨床的特徴について. 第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2016.7.14-15, 東京
七里朋子、荻野亜希子、兼岡麻子、小林実桜、遠藤佐知子、芳賀信彦: Foreign accent syndromeを呈した症例に対する訓練経過. 第27回東北神経心理懇話会, 2016.2.13, 仙台
篠田裕介、千葉創、金川潤也: 施設間連携診療を行った乳癌脊椎転移の1例. 第3回東京骨転移フォーラム, 2016.1.23, 東京
篠田裕介、澤田良子、吉川二葉、大木孝裕、小林寛、五嶋孝博、大隈知威、池上政周、田中栄、河野博隆、芳賀信彦: 東大病院骨転移キャンサーボードにおける骨盤転移治療戦略. 第89回日本整形外科学会学術総会, 2016.5.12-15, 横浜
篠田裕介、澤田良子、吉川二葉、松平浩、田中栄、河野博隆、芳賀信彦: 骨盤骨転移症例のリハビリテーション. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
篠田裕介、澤田良子、吉川二葉、小林寛、池上政周、松平浩、岡敬之、田中栄、河野博隆、芳賀信彦: 骨転移キャンサーボード介入の意義(シンポジウム:骨転移症例のリハビリ・緩和・在宅). 第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会, 2016.7.14-15, 東京
篠田裕介、澤田良子、吉川二葉、小林寛、池上政周、田中栄、河野博隆、芳賀信彦: 骨転移キャンサーボードの役割(シンポジウム: 増加する骨転移患者に対する整形外科医の対応). 第65回東日本整形災害外科学会, 2016.9.22-23, 箱根
篠田裕介、澤田良子、吉川二葉、池上政周、小林寛、田中栄、鹿毛秀宣、田中剛、長瀬隆英、芳賀信彦: 肺癌骨転移診療における骨転移キャンサーボードの役割. 第57回日本肺癌学会学術集会,2016.12.19-21, 福岡
柴田晃希、藤原清香、真野浩志、野口智子、矢吹さゆみ、越前谷務、芳賀信彦: 関節拘縮を伴う片側上肢低形成小児の発達と治療過程に応じた肘装具から前腕義手への移行と義肢装具製作経験.第32回日本義肢装具学会学術大会, 2016.10.15-16, 札幌
瀬尾友徳、樋口悠子、住吉太幹、管心、高橋努、西山志満子、水上祐子、鈴木道雄: Schizophrenia cognition rating scale Japanese version(SCoRS日本語版)の妥当性に関する研究. 第11回日本統合失調症学会, 2016.03.25-26, 前橋
高橋雅人: 骨転移診療におけるメディカルスタッフの役割(シンポジウム). 第49回日本整形外科学会/骨・軟部腫瘍学術集会, 2016.7.14-15, 東京
竹下保稔、藤枝由美子、清水希実子、石橋綾、矢島明佳、石橋明美、高山藍、伊藤哲司、矢野健一、柴田貴美子、管心: SSTにビデオフィードバックを活用する-発達特性のある当事者の実践から-. 第21回SST普及集会, 2016.11.26, 名古屋
田中太郎、横田一彦、武冨修治、芳賀信彦: ハムストリング肉離れⅢ型の保存療法における炎症期・修復期の管理方法. 第38回国立大学リハビリテーション療法士学術大会, 沖縄, 2016.10.8-9
谷口豪、岡村由美子、西村亮一、出渕弦一、矢野健一: てんかん診療でみられるPNES:効果的なPNES の診断説明について. 第50回てんかん学会, 2016.10.7, 静岡
田屋雅信、網谷英介、波多野将、横田一彦、今村輝彦、牧尚孝、新田大介、中山敦子、渡辺昌文、絹川弘一郎、小室一成、芳賀信彦: 重症心不全に対する運動療法の効果について-耐糖能障害の有無による検討-. 第80回日本循環器学会学術集会, 2016.3.18-20, 仙台
田屋雅信: 重症心不全に対する理学療法. 第51回日本理学療法学術大会(日本心血管理学療法学会カレントトピックス), 2016.5.27-29, 札幌
田屋雅信、網谷英介、波多野将、横田一彦、菅原芳恵、小武方希穂子、今村輝彦、牧尚孝、新田大介、中山敦子、渡辺昌文、小室一成、芳賀信彦: 重症心不全患者に対する運動療法と活動歩数への指導介入の効果について. 第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016.7.16-17, 東京
田屋雅信、網谷英介、兵頭佳奈子、高山直子、大友英子、横田一彦、中山敦子、細谷弓子、藤原隆行、小栗岳、高野奈実、渡辺昌文、小室一成、芳賀信彦: タイプDパーソナリティーの有無は外来心臓リハビリテーションによる身体機能の変化に影響しない. 第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会, 2016.7.16-17, 東京
田屋雅信: 心疾患患者の呼吸筋疲労について. 第53回日本臨床生理学会総会(シンポジウム「心臓リハビリと呼吸リハビリの接点」―それぞれのリハビリの類似点と相違点から学ぶ―), 2016.10.28-29, 東京
田屋雅信: 心臓リハビリテーションの効果―身体・呼吸機能に注目して―. 第168回日本体力医学会関東地方会(シンポジウム 運動による内臓疾患予防と改善のメカニズムを探る), 2016.12.3, 東京
東口大樹、Jaroslav Rokicki、久恒辰博、芳賀信彦、村田美穂、松田博史、花川隆: Field mapによる歪み補正がパーキンソン病で特徴的な安静時機能結合MRIの同定に及ぼす影響について. 第18回ヒト脳機能マッピング学会, 2016.3.7, 京都
藤堂太右、山口正貴、天尾理恵、横田一彦、木下修、山内治雄、小野稔、芳賀信彦: 重度の廃用性筋力低下を呈した体外設置型VAD装着患者への理学療法経験~植込型VADへのコンバート後に順調な自宅退院が可能となった症例~. 第38回国立大学リハビリテーション療法士学術大会, 沖縄, 2016.10.8-9
中原康雄、遠藤佐知子、澤田佑介、真野浩志、井口はるひ、遠藤聡、野口周一、四津有人、吉川二葉、藤原清香、篠田裕介、芳賀信彦: 進行性骨化性線維異形成症患者における身体機能の経時的評価. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
根本真理子、遠藤美代子、加賀美幸江、古賀早也香、朝倉陽香、黒澤秀郎、柏公一、天尾理恵、網谷 英介、波多野将、木村光利、木下修、縄田寛、小野稔: 植込み型補助人工心臓装着患者のドライブライン感染予防に対する、当院での新たな取り組み. 第54回日本人工臓器学会大会, 2016.11.23-25, 米子
野口智子、藤原清香、柴田晃希、奈良篤史、越前谷務、矢吹さゆみ、真野浩志、芳賀信彦: 関節拘縮を伴う片側上肢低形成小児における発達に応じた課題と工夫.第32回日本義肢装具学会学術大会、2016.10.15-16、札幌
芳賀信彦: サルコペニアの予防と運動器リハビリテーション. 第28回日本運動器科学会(シンポジウム「運動器の明日と輝く日本-予防の観点から見た運動リハの重要性-), 2016.7.9-10, 会津若松
長谷川真人、宮崎学、横田一彦、中原康雄、山海嘉之、筑田博隆、芳賀信彦: 頸髄症を合併したアテトーゼ型脳性麻痺症例に対するHALでの歩行トレーニングの短期介入効果. 第51回日本理学療法学術大会, 2016.5.27-29, 札幌
長谷川真人、宮崎学、横田一彦、太田麻美子、中原康雄、澤田佑介、間野かがり、山海嘉之、芳賀信彦: 原因不明の痙性対麻痺症例に対するロボットスーツHALを用いた歩行トレーニングの即時効果の検証. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
平田暢子、小内仁子、高柳理瀬、荻野亜希子、井上瞬、渡嘉敷亮二: 当院受診の機能性発声障害における発症の自覚的誘因と背景についての調査. 第61回日本音声言語医学会, 2016.11.3-4, 横浜
藤本陽、谷口優樹、松林嘉孝、岡田慶太、大島寧、筑田博隆、芳賀信彦、田中栄:点状軟骨異形成症に環軸椎亜脱臼を合併した2例. 第28回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2016.12.3, 仙台
藤原清香、真野浩志、芳賀信彦: 先天性上肢形成不全・切断児の受動義手の装着頻度について. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
藤原清香、野口智子、柴田晃希、奈良篤史、越前谷務、矢吹さゆみ、真野浩志、芳賀信彦: 当院における把持・荷重用受動義手の使用経験と有用性について.第32回日本義肢装具学会学術大会、2016.10.15-16、札幌
藤原清香、芳賀信彦: 上肢切断・形成不全小児の教育現場で行われる運動への義手の活用について.第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会、2016.11.5-6、幕張
藤原清香、野口智子、柴田晃希、吉川雅博、芳賀信彦:両側上肢Terminal Transverse Ameliaの小児に電動義手を応用した一例. 第27回日本小児整形外科学会学術集会, 2016.12.1-2, 仙台
松永明子、吉田美香子、藤村哲也、篠田裕介、新美文彩、亀井潤、相澤直樹、真田弘美、芳賀信彦、井川靖彦、本間之夫: 前立腺全摘出患者における超音波検査装置を用いた骨盤底リハビリテーションのフィージビリティ検討. 第23回日本排尿機能学会, 2016.12.6-8, 東京
真野浩志、藤原清香、芳賀信彦: 下肢の先天性切断・形成不全患児における下肢の言語的認知. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
真野浩志、藤原清香、野口智子、奈良篤史、柴田晃希、越前谷務、矢吹さゆみ、芳賀信彦: 小児の上肢切断、形成不全児における義手導入前後での適応行動の変化.第32回日本義肢装具学会学術大会, 2016.10.15-16, 札幌
矢島明佳、塩原裕理、清水希実子、藤枝由美子、管心: 就学支援におけるアウトリーチと学内ネットワークの構築-A病院精神科デイケアの実践から-. 第11回日本統合失調症学会, 2016.3.25-26, 前橋
矢野健一: てんかんをもつ患者における作業療法の参加回数と参加内容の分析. 第50回てんかん学会, 2016.10.7, 静岡
矢吹さゆみ、滝川一晴、小崎慶介、岡田慶太、芳賀信彦:軟骨低形成症の粗大運動発達とX線所見の特徴について. 第28回日本整形外科学会骨系統疾患研究会, 2016.12.3, 仙台
吉岡純希、村田裕介、藤原清香、野口智子、芳賀信彦、伊東実、大西謙吾: 上肢形成不全児のデジタルアートによる筋電位の可視化と随意制御の習得、筋電義手操作への応用.第32回日本義肢装具学会学術大会、2016.10.15-16、札幌
吉川二葉、澤田良子、篠田裕介、藤原清香、中原康雄、芳賀信彦: 骨転移患者のQOL評価. 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016.6.9-11, 京都
真野浩志: 上肢切断・形成不全患児の運動スキルと適応行動. 第52回日本周産期・新生児医学会学術集会, 2016.7.16-18, 富山
三神敬弘、藤原清香、柴田晃希、奈良篤史、芳賀信彦: 先天性手形成不全小児への装飾性のある把持・荷重用受動義手導入と作業療法プログラムの一例. 第50回日本作業療法学会, 2016.9.9-11, 札幌

このページのトップへ

Copyright © 東京大学医学部附属病院リハビリテーション科・部. All Rights Reserved.